Top Stylish >Gmailのスレッドビューに色を付けて境界を判別しやすくできるユーザースタイル「Alternating message colors」
2012年02月25日

Gmailのスレッドビューに色を付けて境界を判別しやすくできるユーザースタイル「Alternating message colors」

Gmailには、1つのメッセージに対して複数のやりとりがあった場合、それらを一覧で表示することができるスレッドビュー機能が用意されています。

このビューを使えば、前後のやりとりなどが把握しやすくなって便利ですが、多くのメッセージが表示されているような時は、境界がわかりにくくなってしまうようなこともあります。

スレッドが2-3個で画面に収まるような場合は問題ないと思いますが、スクロールしなければ全部を見ることができないような時は、各メッセージが判別しにくくなってしまうこともよくありますね。

このように白1色のスレッドビューも、「Alternating message colors」というユーザースタイルをインストールしておくことで、交互に色を付けて判別しやすくすることができます。

「Alternating message colors」をインストールすると、スレッドビュー時の表示が以下のように変化します。


■デフォルト


01_New Gmail - Alternating message colors Stylish.JPG


■Alternating message colorsインストール後


02_New Gmail - Alternating message colors Stylish.JPG


このように、1メッセージおきに背景色を変化させることで、メッセージの境界が判別しやすくなるというわけです。

なお、デフォルトの場合、先頭のメッセージに背景色を付け、以降3.5.7.9・・といった具合に背景色が付くようになりますが、スタイルインストール時にオプション部から[even row]を選択しておけば、先頭のメッセージを白とし、以降2.4.6.8・・・のメッセージに背景色が付くようになります。


03_New Gmail - Alternating message colors Stylish.JPG


また、インストール時にコード内の「background-color: rgba(0,0,255,0.05);」部でrgbaの数値を変更することで、背景色を好みのものに変更することも可能です。

Gmailでスレッド表示を多用される方は、インストールしてみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:New Gmail - Alternating message colors(userstyles.org)


<関連記事>


■フォルダ内に散在するメッセージをGmailのようなスレッドビューで表示できるThunderbirdアドオン「GMail Conversation View」

■Gmailをかなりかっこよくしてくれるユーザースタイル「Gmail Redesigned」

■GmailのUIにタブっぽいナビゲーションを表示できるユーザースタイル「Gmail top tabs」

■Firefoxの検索バーからGmailの作成画面をロードできるアドオン「(G)mailto:」

■GmailのUIをシンプル&クールに変更できるGreasemonkeyスクリプト「Helvetimail」



posted by moziller at 19:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Stylish



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。