Top Firefox拡張機能(アドオン) >訪問済みリンクに色を付けることができるFirefoxアドオン「Visited」
2012年02月20日

訪問済みリンクに色を付けることができるFirefoxアドオン「Visited」

ウェブページ上には数件しかリンクが無いこともあれば、数百個のリンクが表示されていることもあり、これらが訪問済みかそうでないかを判別するのは難しいものです。

様々なリンクをクリックしていると、さっき訪問したようなページを開いてしまうようなことも良くあることですね。

Firefoxに「Visited」というアドオンをインストーしておけば、訪問済みのリンクに色を付けて、このような無駄なクリックを無くすことができるようになります。

「Visited」をインストールすると、すでに訪問済みのリンク色が[ゴールド]に変化し、そのリンクが訪問済みかどうかを一目で判別することができるようになります。


01_Visited Firefox Add-ons.JPG


このような着色はテキストリンクだけでなく画像リンクの枠にも適用され、このスタイルでの表示は該当する履歴を消去するまで有効となります。

なお、多くのリンクをクリックしていると、あちこちがゴールドで表示され逆に見にくくなることも考えられますが、そんな時は[Alt+V]キーで着色の有効・無効を切り替えることができます。

また、[Alt+Shift+V]でイメージ枠の着色の有効・無効を切り替えることができるほか、[Ctrl+Alt+Shift+V]キーでabout:configを開き、[extensions.visited.color.visited]部のカラーを変更することで、訪問済みリンクの色を好きなものに変更することができます。


02_Visited Firefox Add-ons.JPG


*カラーは[blue]や[red]のように記述するか、[#******]のようにカラーコードを記述することでも変更できます。(Firefoxの再起動後に変更が適用されます。)

このように、訪問済みリンクの色をわかりやすく強調することで、重複訪問や無駄なクリックを防げるようになるというアドオンです。

同じページを何度も訪問させられるのは嫌だという方は、インストールしておいてはいかがでしょうか。


ダウンロード:Visited(Add-ons for Firefox)


<関連記事>


■見ているページの背景色やリンク色をワンタッチで変更することができるFirefoxアドオン「Quick Color Switcher」

■サイトごとにズームレベルやリンクカラーなどを設定できるFirefoxアドオン「NoSquint」

■リンク先を閲覧せずに訪問状態を変更できるFirefoxアドオン「Link Visitor 3」




この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック