Top Firefox拡張機能(アドオン) >ソーシャルネットワークサービスのトラッキングを防ぐことができるFirefoxアドオン「Priv3」
2011年12月13日

ソーシャルネットワークサービスのトラッキングを防ぐことができるFirefoxアドオン「Priv3」

このブログもそうですが、今やあらゆるサイトにソーシャルネットワークサービスにアクセスするためのボタンが設置されています。

ユーザーはこうしたボタンをクリックするだけでページをシェアしたりお気に入りに追加したりすることができるようになっていますが、その利便性と引き替えに各サービスへ自分の嗜好を伝えているということは意外と知られていません。

こうしたボタンはFacebookの[Like]ボタンやGoogle+ボタン、Tweetボタンなど様々なものがありますが、ユーザーがこうしたボタンをクリックしなくても、各サービスへのログインが保たれている場合、これらボタンが設置されたサイトへアクセスするだけでどんなページへアクセスしているのかが伝えられるようになっています。

ボタンを設置している運営者にはこうした情報は伝わらないものの、なんだかこっそりトラッキングされるというのは気分がいいものではありませんね。

そんな追跡はお断りだという方は、Firefoxに「Priv3」というアドオンをインストールすることで、こうしたトラッキングを防ぐことができるようになります。

「Priv3」は、Facebook,Twitter,Google+,LinkedInの各サービスボタンが設置されたサイトへアクセスした際、そのトラッキング機能をオプトアウトしてくれるというものです。

このオプトアウト機能は、ボタンが設置されたページにアクセスした際、各サービスのクッキーの保存をさせないことにより実現していますが、全ての機能を遮断するわけではなく、LikeやTweet数の表示はもちろん、任意でボタンをクリックしてサービスを利用したい場合はセッションクッキーを再ロードし、希望のアクションを起こすことができるようになっています。

*遮断時でもFacebookは使用しているPCのIPアドレスが取得されるようです。


このように、インストールするだけで、普段意識していないソーシャル系サービスのトラッキングを防ぐことができるというアドオンです。

特に実害があるわけではないが追跡されるのは嫌だという方は、インストールしておいてはいかがでしょうか。


ダウンロード:Priv3(Add-ons for Firefox)


<関連記事>


■ユーザーの嗜好を追跡する広告用トラッキングクッキーをオプトアウト(無効化)するFirefoxアドオン「Targeted Advertising Cookie Opt-Out (TACO)」

■Googleに情報が送信されたら警告を発するFirefoxアドオン「Google Alarm」

■閲覧しているサイトが訪問者のどのような情報を集めているかを確認できるFirefoxアドオン「TrackerWatcher」

■Google/Yahoo!/Bingからのトラッキングを防ぐことができるFirefoxアドオン「Google Privacy」

■検索エンジンに検索履歴を追跡してほしくない場合に使うアドオン「TrackMeNot」

■Googleの検索結果に含まれるトラッキングコードを無効にするGreasemonkeyスクリプト「Google click-tracking disabler」




この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック