Top Firefox拡張機能(アドオン) >Firefoxで使っていないタブの読み込みを中止してリソースを節約できるアドオン「UnloadTab」
2011年12月05日

Firefoxで使っていないタブの読み込みを中止してリソースを節約できるアドオン「UnloadTab」

Firefoxの代表的な欠点として、多くのタブを開くとそれに比例して大量のメモリを消費してしまうということが挙げられます。

そのため、このメモリ使用量に関する欠点を少しでも軽減しようというアドオンが数多く公開されています。

こうしたアドオンの中には、タブの読み込みをコントロールしてメモリを過剰に使用しないようにするものが多数あり、これらを使うことでいくらかの効果は期待できるようになっています。

今回は、そんなアドオンの中から、開いているタブの読み込みを自動、または手動で中止し、リソースを節約することができるアドオン「UnloadTab」というものを試してみました。

「UnloadTab」は、Firefoxですでに開いているタブの中で、(デフォルトの場合)10分間アクティブでないタブの読み込みを一旦中止し、タブを閉じることなくメモリ使用量を抑えることができるというアドオンです。

アドオンをインストールすると、10分間利用されなかったタブの読み込みが自動的に中止されるようになります。

*デフォルトの場合、読み込みが中止されたタブは半透明で表示されます。


02_UnloadTab Firefox Add-ons.JPG


また、タブコンテキストメニューから[Unload Tab]を選択することで、読み込みを手動で中止することもできます。


01_UnloadTab Firefox Add-ons.JPG


そのほかにも、コンテキストメニューから、[Unload Other Tabs]を実行することで、選択中のタブ以外のタブを読み込み中止状態にしたり、[Keep Address Loaded]をチェックすることでそのタブは読み込み中止対象にしないようホワイトリストに追加することもできます。


オプション設定では


03_UnloadTab Firefox Add-ons.JPG


■Firefox起動時に

 ○全てのタブを読み込む。
 ○選択したタブだけを読み込む。
 ○選択したタブとホワイトリスト登録されたタブだけを読み込む。

■読み込みを中止するまでの時間(すぐ・1分〜120分・なし)
 
■読み込み中止対象にしないタブ(ホワイトリスト)

ここには[Keep Address Loaded]にて登録された除外URLが表示されているほか、入力欄にURLを入力して[Add]を押せば手動で登録することも可能です。

■ピン留めタブは常にロードする。 ■読み込み中止中のタブを半透明で表示する。


以上のような動作設定が可能です。


実際に利用してみると、全体的に10-15%程度のメモリ使用量が軽減されることが確認できました。

似たようなアドオンはいくつかありますが、こちらは自動/手動での実行が可能なことや細かなオプションを設定できるのがいいですね。

タブを閉じることなくリソースを節約できるのは非常に便利ですので、多くのタブを開いて作業を行うことが多い方は試してみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:UnloadTab(Add-ons for Firefox)


<関連記事>


■Firefoxで一定時間使用されていないタブを破棄してメモリを解放するアドオン「Dormancy」

■Firefoxで開いているタブを[ポーズ]してメモリを開放するアドオン「SaveMemory」

■Firefoxのメモリ使用量を表示し、指定量以上のメモリを消費すると再起動を促してくれるアドオン「Memory Restart」

■Firefox+その他アプリのメモリを定期的に自動開放してくれるアドオン「AFOM Plus」(windows)

■Firefox 3のメモリーキャッシュを手動で解放することができるアドオン「RAMBack」

■効果歴然!Firefoxのメモリ使用法を変更して軽快に動作させる方法。




この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。