Top Firefox拡張機能(アドオン) >選択テキストをワンタッチで検索/シェア/変換/翻訳することができるFirefoxアドオン「Liquid Information」
2011年10月20日

選択テキストをワンタッチで検索/シェア/変換/翻訳することができるFirefoxアドオン「Liquid Information」

Firefoxの検索バーにはあらかじめ複数の検索エンジンが登録されているほか、任意で様々な検索エンジンを登録してウェブ検索以外にも画像やニュース、ソーシャルメディアなどを対象とした検索を実行できるようになっています。

しかし、ページ上のキーワードを検索したいようなときは、コンテキストメニューから現在アクティブになっている検索エンジンからしか検索することはできず、その他の検索エンジンを利用したい場合は検索バーへのコピペや検索エンジンの切り替えが必要となります。

これではアクティブでない検索エンジンで検索したいときや、複数の検索エンジンで検索したいような時にあまり有用ではありませんね。

Firefoxに「Liquid Information」というアドオンをインストールしておけば、こんな時でも素早く目的の検索エンジンを使った検索が可能となります。

「Liquid Information」は、ページ上のテキスト選択時に専用のメニューを表示し、そこから各種検索エンジンを使ったウェブ検索はもちろん、選択部分をメールで送信するなどのシェア機能、選択言語を指定の言語に翻訳する翻訳機能、通過単位などを自国のものに書き換える変換機能など、様々なツールを利用することができるようになるというアドオンで、2007年頃までは「Hyperwords」という名称で人気のアドオンでした。

この「Hyperwords」をさらに便利に、カスタマイズ性が高いものに改良した後継アドオンが「Liquid Information」です。

アドオンをインストールすると、最初にウィザードが開きます。


01_Liquid Information Firefox Add-ons.JPG


ここでは検索バーに「Liquid Information」を追加するかどうかや、専用メニューをマウスポイントで表示するか右クリックで表示するかなどの基本設定を行うことができます。


02_Liquid Information Firefox Add-ons.JPG


03_Liquid Information Firefox Add-ons.JPG


これらは後からオプション設定にて変更が可能ですが、一応設定しておいてください。

設定が完了したら、とりあえずページ上のキーワードを選択してみましょう。

マウスポイントでメニューが表示されるように設定している場合、キーワード選択後以下のようなアイコンが表示されるようになります。


04_Liquid Information Firefox Add-ons.JPG


このアイコンにマウスを乗せると、「Liquid Information」メニューが表示されるようになっています。


05_Liquid Information Firefox Add-ons.JPG


メニューはウェブ検索、リファレンス(wikiなど)、シェア、コピー、表示、翻訳に分かれており、それぞれのサブメニューには多くの検索エンジンやツールなどが用意されています。


■検索


06_Liquid Information Firefox Add-ons.JPG


■リファレンス


07_Liquid Information Firefox Add-ons.JPG


■シェア


08_Liquid Information Firefox Add-ons.JPG


■コピー


09_Liquid Information Firefox Add-ons.JPG


■表示


18_Liquid Information Firefox Add-ons.JPG


■翻訳


10_Liquid Information Firefox Add-ons.JPG


たとえば見本のように、英語→日本語というように翻訳を実行すると、ページ上のテキストが日本語に変換されて表示されるようになります。


11_Liquid Information Firefox Add-ons.JPG


また、メインメニュー下部の[・・・]をクリックすることで、地図検索や通過単位の変換ツール、その他の検索サービスを利用したり、サービスを追加したりすることができます。


15_Liquid Information Firefox Add-ons.JPG


さらに、ツールバーにはシェア用のボタンが設置されるほか、検索バーに検索エンジンとして追加しておけば、検索バーにキーワードを入力するだけで同様のメニューを表示し、多くのツールを使った検索が可能となります。


16_Liquid Information Firefox Add-ons.JPG


17_Liquid Information Firefox Add-ons.JPG


オプションでは以下のような設定が可能です。


<全般>


12_Liquid Information Firefox Add-ons.JPG


■メニュー表示の方法:「テキスト選択と同時に」「テキスト選択後アイコンにマウスポイントで」「選択後右クリックで」のほか、F2キーやEnterキーでメニューを表示させるように設定することができます。


<レイアウト>


13_Liquid Information Firefox Add-ons.JPG


メニュー(サブメニュー)に表示するアイテムや検索エンジンの地域、ショートカットキーなどを設定することができます。


<その他>


14_Liquid Information Firefox Add-ons.JPG


メニューアイテムクリック時に新規タブやウィンドウなど開く場所を指定したり、コピー、シェア時のURL形式、デフォルトの検索エンジン、コマンドのキャッシュ、メール送信時の既定プログラムなどがセットできるほか、全設定のバックアップやロード、リセットなどが可能です。

このように、テキスト選択後にデフォルトのコンテキストメニューからはできない多彩な検索やツールの利用ができるようになるというアドオンです。

高機能な割に使い方もわかりやすいので、すぐに慣れることができると思います。

デフォルトコンテキストメニューからの検索だけでは満足できない方、検索バーからの検索が面倒だという方は、使ってみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:Liquid Information(Add-ons for Firefox)


<関連記事>


■Firefoxに登録している全ての検索エンジンをコンテキストメニューに追加するアドオン「SearchIt」

■コンテキストメニューから様々な検索エンジンで選択テキストを検索できるFirefoxアドオン「SearchWith」

■コンテキストメニューから[選択]キーワード+[指定]キーワードで検索できるFirefoxアドオン「Zorcher」

■コンテキストメニューから16通りの検索が実行できるFirefoxアドオン「SlimSearch」

■検索エンジンを中/右クリックして次々に検索を実行できるFirefoxアドオン「MultiSearch」

■選択テキストをインストールされている検索エンジンで簡単に連続検索できるFirefoxアドオン「Universal Search」

■選択テキストをかなり簡単に翻訳できるGreasemonkeyスクリプト「Google Translator Tooltip」

■選択テキストに関するあらゆる情報を検索する「Hyperwords」

■テキストを選択するだけで辞書・検索・翻訳などの結果をまとめてポップアップ表示するGreasemonkey スクリプト「Fast look up JP and EN」




この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。