Top Thunderbird拡張機能(アドオン) >宛先と添付ファイル名を確認してからメッセージを送信することができるThunderbirdアドオン「confirm-mail」
2011年09月17日

宛先と添付ファイル名を確認してからメッセージを送信することができるThunderbirdアドオン「confirm-mail」

メッセージを作成して送信する際、本当にその相手に送っていいのか、添付しているファイルは間違いないのかなどが気になることがあります。

そんな心配をしながらメールを送信するのは精神衛生上良くないですが、複数の相手に送るときや添付しているファイルが多いような時はどうしても気になるものですね。

送信ボタンをクリックした後に、別の相手以外にメールを送ってしまったり、とんでもない添付ファイルを送ってしまったことに気がついても後の祭りです。

Thunderbirdに「confirm-mail」というアドオンをインストールしておけば、そんな心配も少しは軽減されるかもしれません。

「confirm-mail」は、Thunderbirdでメッセージを送信ボタンをクリックしたとき、即座にメールを送信するのではなく、宛先や添付ファイル名を確認してからメッセージを送ることができるというものです。

アドオンをインストール後、メッセージの新規作成や返信時に送信ボタンをクリックすると、以下のようなダイアログが表示されすべての宛先と添付ファイル名が確認できるようになります。


01_confirm-mail Thunderbird Add-ons.JPG


ここに記載されている宛先、および添付ファイル名を確認し、左側のチェックボックスにチェックを入れれば[送信]ボタンがアクティブになり、やっと送信ができるようになるというわけです。


02_confirm-mail Thunderbird Add-ons.JPG


オプション設定では、特定のドメインを組織内扱いとするよう登録することが可能となっている他、登録済みドメインへの送信時にダイアログを表示しないようにしたり、[送信]ボタンクリックから実際の送信までにカウントする秒数を指定したりすることができます。


03_confirm-mail Thunderbird Add-ons.JPG


上の見本のようにドメインを登録した場合、そのドメインが宛先に含まれていれば登録済みドメインへのメールとして区別されます。


05_confirm-mail Thunderbird Add-ons.JPG


また、カウントダウン秒数を指定しておけば、[送信]ボタンをクリックしてもすぐには送信されず、カウントダウンが終了後送信処理が実行されるようになります。


06_confirm-mail Thunderbird Add-ons.JPG


これにより、送信ボタンを押した後に”しまった”と思っても、ダイアログ表示中に[キャンセル]をクリックすることで送信を中止することができます。

このように、宛先、添付フィルをじっくり確認してから送信したり、カウントダウン機能で”後の祭り”になることを防いだりしてくれるという便利なアドオンです。

一斉送信する機会が多い方や、添付ファイル付きメッセージを送信することが多いというような方は、インストールしておいてはいかがでしょうか。


ダウンロード:confirm-mail(Add-ons for Thunderbird)[実験的なアドオン]


*アドオンのトップページでダウンロードできるバージョン[1.0.1]は、Thunderbird 6.0.2には対応していません。バージョン6.0.2をご利用の方は、上記リンクよりバージョン[1.2]をダウンロードしてご利用ください。


<関連記事>


■宛先記入欄にクリアボタンを付与するThunderbirdアドオン「Address Close Button」

■送信済みメッセージを任意のフォルダにコピー(保存)できるThunderbirdアドオン「Copy Sent to Current」

■Thunderbirdのメッセージ送信ダイアログを非表示にする方法。




この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック