Top Greasemonkey >インラインテキスト広告を無効にできるGreasemonkeyスクリプト「Disable Text Ads」
2011年07月31日

インラインテキスト広告を無効にできるGreasemonkeyスクリプト「Disable Text Ads」

このブログでもそうですが、ウェブページ上には様々な広告が掲載されています。

広告の中にはバナーやテキストなどいろんなスタイルのものがありますが、本文中にさりげなく紛れ込んでいる「インラインテキスト広告」というのも最近よく見かけるようになりました。

このインライン広告は一見本文中の関連リンクのように見えるものが多く、そのサイトに慣れていなければクリックして広告ページへジャンプさせられたりしてしまいます。

中にはマウスが乗るだけでポップアップが表示され、手動で閉じなければならないようなうっとうしいものもあります。

お気に入りのブログでも、このような広告があるとスムーズに読むことができませんね。

Firefoxに「Disable Text Ads」というGreasemonkeyスクリプトをインストールしておけば、こんなインラインテキスト広告をスルーし、快適な閲覧を行うことができるようになります。

「Disable Text Ads」は、Kontera, Linkworth, EchoTopicなど複数の代表的なインラインテキスト広告サービスを非表示にし、通常の文章として扱うことができるようになるというものです。

たとえば、Konteraを利用している某ブログでは、このように文章中のいくつかの単語に2重のアンダーラインがあるリンクが表示されていることがあります。


01_Disable Text Ads Greasaemonkey.JPG


この部分にマウスが乗ると、以下のようなポップアップ広告が表示され、[×]をクリックしなければ閉じることができません。


02_Disable Text Ads Greasaemonkey.JPG


「Disable Text Ads」インストール後は、この広告リンクが通常のプレーンテキストとして表示されるようになります。


03_Disable Text Ads Greasaemonkey.JPG


これでかなりスッキリしますね。

すべてのインライン広告に対応しているわけではありませんが、多少でも遭遇率を減らすことができますので、まぎらわしいインライン広告をなんとかしたいという方は使ってみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:Disable Text Ads(userscripts.org)



<関連記事>


■インストールするだけで広告・トラッキング・スパイウェアをブロックできるFirefoxアドオン「AdBan」

■Google リーダーで[PR][AD]で始まる記事タイトルを非表示にできるGreasemonkeyスクリプト「Google Reader Auto Read Ads」

■Webメールの広告を除去するFirefoxアドオン「WebMail Ad Blocker」

■広告を除去した状態で印刷ダイアログを表示できるFirefoxアドオン「Print Without Ads」


posted by moziller at 20:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | Greasemonkey



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。