Top Thunderbird拡張機能(アドオン) >ThunderbirdのタブでCKEditorを使ってメッセージの作成ができるアドオン「Compose for Thunderbird」
2011年07月13日

ThunderbirdのタブでCKEditorを使ってメッセージの作成ができるアドオン「Compose for Thunderbird」

Thunderbirdでメッセージの新規作成や返信を行うとき、その作成画面は別ウィンドウで開くようになっています。

しかし、せっかくタブ機能があるのですから、こうした画面もタブで開くことができればいいですね。

Thunderbirdに「Compose for Thunderbird」というアドオンをインストールしておけば、高機能エディタ付きの作成画面をタブで開くことができるようになります。

「Compose for Thunderbird」は、Thunderbirdでメッセージの新規作成や返信作業を実行すると、その画面を新しいタブに開き、高度なメッセージ編集を行うことができるというものです。

アドオンをインストール後、メッセージの新規作成などを実行すると、以下のように新規タブでカスタムされた作成画面が開くようになります。


01_Compose for Thunderbird.JPG


画面内のメッセージ本文記述部では、WYSIWYGエディタの[CKEditor]が利用できるようになっており、これを利用することで、デフォルトの作成画面とは違ったオリジナリティあふれるメッセージを作成することができます。


02_Compose for Thunderbird.JPG


[ソース]をクリックしてモードを切り替えれば、HTMLメッセージも思いのままに編集することができます。


03_Compose for Thunderbird.JPG


*エディタボタン下部の▲ボタンをクリックすれば、操作パネルを非表示にすることができます。


04_Compose for Thunderbird.JPG


また、to:やcc:部には入力文字に応じて宛先の候補が表示されるオートコンプリート機能も付いています。

各部の表記は英語となりますが、エディタの各ボタンにマウスを乗せると日本語ツールチップが表示されるようになっていますので、簡単に操作できると思います。

このように新規タブでメッセージの作成画面を開くことができるほか、高機能なエディタを使った編集が可能になるというアドオンです。

作成ウィンドウを別に開くのが気に入らない方や、凝ったメッセージ編集を行いたい方は、使ってみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:Compose for Thunderbird(Add-ons for Thunderbird)


<関連記事>


■Thunderbirdの新規メール作成画面をすぐに立ち上げることができるショートカット。

■送信アドレスによって新規作成画面にカラー枠を表示するThunderbirdアドオン「BorderColors」

■新規・返信・転送時にあらかじめセットした定型文を自動入力してくれるThunderbirdアドオン「SmartTemplate」

■添付ファイル付きメッセージ作成時に添付忘れを警告してくれるThunderbirdアドオン「withAttach」





この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。