Top Greasemonkey >ページ上の画像をドラッグしてその場で拡大・縮小できるGreasemonkeyスクリプト「Drag to Resize」
2011年06月26日

ページ上の画像をドラッグしてその場で拡大・縮小できるGreasemonkeyスクリプト「Drag to Resize」

このブログでもそうですが、ウェブページに掲載されている画像はスペースの都合などもあり、縮小されていたりサムネイル化されているものが多々あります。

こうした画像はクリックして最大化画像が表示されるようなものもあれば、そのまま見るしかないものもありますが、時にはあとちょっと大きくして確認したいというようなこともあるでしょう。

そんな時は、ページ自体を拡大するなどという手もありますが、これもちょっと面倒ですね。

Firefoxに「Drag to Resize」というGreasemonkeyスクリプトをインストールしておけば、こんな時でも手軽に画像だけを拡大・縮小することができるようになります。

「Drag to Resize」は、ウェブページ上の画像をマウスでドラッグすることにより、その場で画像を拡大・縮小することができるというものです。

スクリプトをインストール後、目的の画像上にマウスを乗せ、左ボタンを押したまま右下へドラッグすれば画像がその場で拡大されます。


01_Drag to Resize Greasemonkey.JPG


逆に左上へドラッグすれば、画像を小さく表示することも可能です。


02_Drag to Resize Greasemonkey.JPG


拡大・縮小完了後はマウスを離してもサイズがキープされるようになっており、サイズ変更された画像を右クリックすることで元のサイズに戻すことができます。

また、画像をダブルクリックすると、ウィンドウサイズに応じて画像を最大化表示することもできます。


03_Drag to Resize Greasemonkey.JPG


解像度によっては大きくしても意味が無い場合があるかもしれませんが、このように簡単な操作で画像サイズが変更できるのは便利ですね。


ダウンロード:Drag to Resize(userscripts.org)



<関連記事>


■右クリックメニューから画像をリサイズ・回転させることができるFirefoxアドオン「ResizeIMG」

■ページ内の画像だけを拡大/縮小・回転させることができるFirefoxアドオン「Image Zoom」

■ページ中の画像をあらかじめ指定した場所にダウンロードできる「Save Image in Folder」

■Firefoxの[画像だけを表示]を高機能化できるアドオン「View Image Plus」

■Webページ上の画像をその場で回転させることができるFirefoxアドオン「Rotate Image」(Firefox 3対応)


posted by moziller at 19:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Greasemonkey



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。