Top Firefox拡張機能(アドオン) >Firefoxで開いているローカルファイルが更新されたら自動的にリロードしてくれるアドオン「Auto Reload」
2011年05月19日

Firefoxで開いているローカルファイルが更新されたら自動的にリロードしてくれるアドオン「Auto Reload」

多くのHTMLエディタには、編集したページの内容を確認するためブラウザ上にページを表示することができるプレビュー機能が付いています。

この機能を使えば、実際にファイルをアップした際にどのような状態になるかを任意のブラウザ上でチェックすることができます。

しかし、細かい部位の修正を繰り返していると、その度にエディタ側からプレビューを実行したり、ブラウザをアクティブにして開いているローカルファイルをリロードするなどの作業を行わなくてはなりません。

このような作業を行うことが多いサイト管理者の方におすすめのFirefoxアドオンが「Auto Reload」です。

「Auto Reload」は、Firefoxでローカルファイルをプレビューしながらそのファイルを編集しているような時、ファイルが更新されるとプレビューしているタブも自動でリロードしてくれるというものです。

アドオンインストール後は、Firefoxでfile://を開いた状態でそのファイルに編集が加えられて保存されると、保存して1秒後にそのタブがリロードされるようになっています。


03_Auto Reload Firefox Add-ons.JPG


これにより、エディタ側でプレビュー操作を行うことなく、常に最新の状態をFirefoxでプレビューさせておくことができるようになります。

デフォルトでは上記のように全てのfile://タブが自動リロードされるようになっていますが、オプション設定にて自動更新対象となるファイルやディレクトリの設定などが可能となっています。

オプション画面は以下のようになっており、デフォルトではサンプルディレクトリが更新対象として表示されています。


01_Auto Reload Firefox Add-ons.JPG


ここで[Add]ボタンをクリックしてパターン、ファイルパス、またはディレクトリを指定しておけば、そのファイル(またはディレクトリ内のファイル)に更新が加わった場合のみ、自動更新が実行されるようになります。


02_Auto Reload Firefox Add-ons.JPG


*ルールは複数設定することができます。

また、[All file:// tabs]にチェックを入れておけば登録したルールに関係なく全てのfile://タブが自動更新されるようになっているほか、[Max directory ・・・]で更新対象となるディレクトリの最大階層、[Delay before・・・]で、ファイル更新後リロードするまでの遅延時間(秒)、[Show notifications]へのチェックで、自動リロード時に通知バーを表示することが可能です。


■自動リロード通知


04_Auto Reload Firefox Add-ons.JPG


このように、Firefoxでローカルファイルを表示させておくだけで、最新のプレビューを保つことができるというアドオンです。

デベロッパーの方に重宝しそうなアドオンですね。


ダウンロード:Auto Reload(Add-ons for Firefox)


<関連記事>


■ボタンひとつでライブページとローカルページを切り替えることができるFirefoxアドオン「SuperSwitch」

■表示しているページをボタン1つで任意のURLに切り替えることができるFirefoxアドオン「URL Swap」

■Firefoxのリロードボタンを高機能化するアドオン「Reload Plus」



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック