Top Google Chrome >Google Chromeのプロファイルをバックアップ・管理できるソフトウェア「Google Chrome Backup」
2011年02月27日

Google Chromeのプロファイルをバックアップ・管理できるソフトウェア「Google Chrome Backup」

ブラウザを使っていると、そのプロファイルには貴重な情報やデータが大量に蓄積されていきます。

こうしたデータは普段ブラウザ任せで管理している方も多いと思いますが、万一HDDがクラッシュしたり誤ってプロファイルを消去してしまったりして失ってしまうとかなりの被害を被ることになりますので注意が必要です。

Firefoxユーザーなら、こうしたブラウジング情報が蓄積された「プロファイル」をバックアップしておくことなどは手慣れたものだと思いますが、Google Chromeをお使いの方も、こうしたユーザーデータの管理はしっかり行っておかないと万一の際にエライ目に遭うかもしれません。

今回は、そんなGoogle Chromeユーザーのためのプロファイル管理ソフト「Google Chrome Backup」というものをご紹介したいと思います。

「Google Chrome Backup」は、Google Chromeのプロファイルをバックアップ・リストアできる他、新しいプロファイルの作成、既存のプロファイルの管理などを行うことができるというプロファイル管理ツールです。

ツールはセットアップ形式と圧縮形式で配布されていますので、まずは好みの形式でソフト本体をダウンロードし、セットアップ、または解凍してください。

セットアップが完了し、起動すると以下のようなメイン画面が表示されます。


01_Google Chrome Backup.JPG


Chromeアイコンは現在存在するプロファイルとなり、上部メニューから[Run Wizard]をクリックすればバックアップ、およびリストアを行うウィザードが開始されます。


■バックアップ

バックアップを行うにはウィザードの最初の画面で[Backup]を選択し、[Next]ボタンをクリックします。


03_Google Chrome Backup.JPG


次にバックアップするプロファイルを選択します。

他にプロファイルが無い方は[Backup default profile]にチェックを入れ[Next]


04_Google Chrome Backup.JPG


次の画面ではバックアップファイルを保存する場所を選択します。

[Browse]をクリックしてファイルの保存場所を指定します。


05_Google Chrome Backup.JPG


デフォルトの場合、以下のようなファイル名で保存されるようになります。


06_Google Chrome Backup.JPG


最後に[Backup]ボタンをクリックします。


07_Google Chrome Backup.JPG


なお、バックアップ開始ボタンをクリックすると、キャッシュファイルをクリアしてからバックアップを行い、サイズを節約するかどうかを確認するダイアログが表示されます。


08_Google Chrome Backup.JPG


キャッシュを削除してからバックアップする場合は[はい]を、キャッシュも含めてバックアップしたい場合は[いいえ]をクリックします。

また、すでにバックアップファイルが存在する場合は上書きしてもいいかどうかの確認画面も表示されますので、状況に応じてはい・いいえをクリックしてください。


09_Google Chrome Backup.JPG


すべての確認が済めばバックアップが開始されます。


10_Google Chrome Backup.JPG


バックアップ終了後は保存パス・ファイル名などが表示されますので、確認して[Finish]ボタンをクリックしてください。


11_Google Chrome Backup.JPG


■バックアップファイルの復元

保存してあるプロファイルを復元したい場合は、同じくウィザードを起動し、最初の画面で[Restore]を選択し、[Next]で進みます。


14_Google Chrome Backup.JPG


次に[Browse]をクリックし、すでに保存されている[.gcb]ファイルを選択し、[Next]をクリックします。


15_Google Chrome Backup.JPG


次の画面では、選択したファイルをデフォルトプロファイルへ復元するか、それ以外のプロファイルへ復元するかを選択できますので、必要に応じてチェックを入れ、[Next]をクリックしてください。


16_Google Chrome Backup.JPG


最後に[Restore]をクリックすれば復元が開始されます。


17_Google Chrome Backup.JPG


*すでに存在するプロファイルへ復元を行う場合は、上書き確認が表示されます。


18_Google Chrome Backup.JPG


なお、ウィザードを使わなくとも各プロファイルアイコンの右クリックからもバックアップ・リストアを行うことができるほか、プロファイルの削除やデスクトップショートカットの作成なども行うことができます。


19_Google Chrome Backup.JPG


その他にも、プロファイルメニューから新規プロファイルの作成なども可能です。


12_Google Chrome Backup.JPG


以上のように、少ないステップでGoogle Chromeのプロファイルをバックアップ・リストアすることができるだけでなく、プロファイルマネージャ的な使い方もできるソフトウェアとなっています。

Google Chromeをメインでお使いの方や、複数プロファイルで運用されている方には便利なツールだと思いますので、ブラウザのデータ管理が気になる方は試してみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:Google Chrome Backup


<関連記事>


■「MozBackup」で丸ごとバックアップ。

■Firefoxのプロファイルを丸ごとバックアップ・リストアできるソフトウェア「BackupFox」(Thunderbirdにも対応)

■Thunderbird 3のあらゆる情報をバックアップできるアドオン「TEBE」

■高機能バックアップツール「Firefox Extension Backup / CLEO 1.0 」

■FirefoxやChrome、Thunderbirdなど11種のブラウザとメーラーをバックアップできるソフトウェア「MailBrowserBackup」

■拡張機能の「個別設定」をインポート・エクスポートできるFirefoxアドオン「OPIE」


posted by moziller at 20:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Google Chrome



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。