Top Firefox拡張機能(アドオン) >Firefoxのプラグインを簡単に有効/無効化できるアドオン「Plugins Toggler」
2011年01月27日

Firefoxのプラグインを簡単に有効/無効化できるアドオン「Plugins Toggler」

Firefoxで様々なコンテンツを表示するために欠かせないのが各種プラグインの存在です。

フラッシュやWindows メディアなどがページにある場合、これらのプラグインがインストールされていて有効になっていないと再生することができないようになっています。

しかし、このプラグインは初期状態でインストールされているもの以外に、他のアプリをインストールした際に自動で導入されてしまうものもあり、中には不要であると思えるものもも少なくありません。

アドオン同様、これら不要なプラグインを無効にすることで、Firefoxの動作が速くなるようなことも考えられますが、完全に削除してしまうと必要時にコンテンツが表示されないなどの支障が出てしまいます。

このようなことから不要時には無効に、必要時には有効にするのがベストですが、プラグインの有効/無効を切り替えるにはアドオンマネージャにアクセスしてプラグイン部を表示するなど面倒な作業が必要となります。

Firefoxに「Plugins Toggler」というアドオンをインストールしておけば、このプラグインの有効/無効をステータスバー、またはツールバーボタンから簡単に切り替えることができるようになります。

アドオンをインストールすると、ステータスバーに専用のアイコン 01_Plugins Toggler Firefox Add-ons.JPG が付与されます。

これをクリックすると、現在導入されているプラグインがリスト表示されます。


03_Plugins Toggler Firefox Add-ons.JPG


有効化されているプラグインは左側にチェックが付いており、チェックが付いているプラグイン名をクリックすることでチェックが外れて無効に、チェックが外れているプラグイン名をクリックすることで有効にすることができるようになります。


04_Plugins Toggler Firefox Add-ons.JPG


*ツールバーカスタマイズにより、追加できるボタンからも同様の操作が可能です。


02_Plugins Toggler Firefox Add-ons.JPG


*[Reload・・・]でプラグイン一覧をリフレッシュ、[Hide・・・]でステータスバーボタンを非表示にできます。

このように、非常に簡単な操作でプラグインの有効・無効を、切り替えることができるようになります。

これなら普段は不要なプラグインを無効にしておいてFirefoxを軽快化し、そのプラグインが必要なコンテンツに遭遇したときだけ素早く有効にするなどというような使い方も簡単にできますね。

プラグインの有効/無効を切り替えることが多い方はインストールしておいてはいかがでしょうか。


ダウンロード:Plugins Toggler(Add-ons for Firefox)


<関連記事>


■Firefoxの[plugin-container.exe]を無効にする方法。

■Firefoxから【Java Quick Starter】を削除する方法。

■Firefoxから[Microsoft .NET Framework Assistant]を簡単に削除する方法。

■[Mozilla] Firefoxでアクセスするだけでプラグインのバージョンチェック・更新ができるページを公開。

■Mozillaの 「プラグインチェック」ぺージがその他のブラウザにも対応。

■Google Chromeで任意のプラグインを無効にする方法。(dev)





この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。