Top Firefox拡張機能(アドオン) >読みたくないtweetを非表示にすることができるFirefoxアドオン「twithide」
2011年01月27日

読みたくないtweetを非表示にすることができるFirefoxアドオン「twithide」

Twitterユーザーがこれだけ増えてくると、フォローしているユーザーや検索結果に表示される大量のつぶやきの中には、自分があまり好まないノイズのような発言も多く含まれてくることになります。

そんなとき、フォローをやめたりブロックしたりするのは簡単なことですが、そのユーザーが時に有益な情報を流しているかもしれないと思うとその決断がしにくいことがあります。

Firefoxに「twithide」というアドオンをインストールしておけば、こんな時でも該当ユーザーのtweetを一時的に非表示にすることができるようになります。

「twithide」は、簡単な操作で特定のユーザーの発言を非表示にしたり、再表示させたりすることができるというアドオンです。

アドオンをインストールした後、Twitter上に表示されているユーザー名上で右クリック→[hide TwitterID]を実行すると以下のようなダイアログが開きます。


01_twithide Firefox Add-ons.JPG


02_twithide Firefox Add-ons.JPG


ここで[NG追加]ボタンをクリックすれば、NGユーザーリストに追加されるようになっています。


03_twithide Firefox Add-ons.JPG


これで次のリロード時からそのユーザーのtweetは非表示となります。

NGユーザーから復活させる場合は、ページコンテキストメニューから同じく[hide TwitterID]を実行し、リストからユーザーを選択して[元に戻す]を実行します。


04_twithide Firefox Add-ons.JPG


05_twithide Firefox Add-ons.JPG


以下のダイアログでOKをクリックすれば、そのユーザーのtweetが再度表示されるようになります。


06_twithide Firefox Add-ons.JPG


*ページコンテキストメニュー、またはオプション設定でも同様のダイアログが表示されます。この場合、手動でユーザー名を入力することでNGリストへ追加したり、リストから選択したユーザーを元に戻すことができます。

以上のように、Twitterのブロック機能などを使わずに非常に簡単な操作だけで、特定ユーザーの発言を非表示にすることができるというアドオンです。

Twitter利用時の気分やその他の事情で、表示するユーザーを選択したいというような方は使ってみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:twithide(Add-ons for Firefox)


<関連記事>


■FirefoxのサイドバーでTwitterをモニタできるアドオン「Twitbin」

■FirefoxのツールバーにTwitterの発言をティッカー表示するアドオン「Twitter Line」

■Twitterに140文字以上の文章を疑似投稿することができるFirefoxアドオン「Twitzer」

■Firefoxのロケーションバーから簡単にTwitterに投稿できるアドオン「TwitterBar」

■閲覧ページに関するTwitterでの言及をサイドバーに表示できるFirefoxアドオン「Twiference サイドバー」

■Twitter上の様々な言語のつぶやきを自動的に翻訳してくれるGreasemonkeyスクリプト「Twitter Translator」





この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。