Top Mozilla-Tip's >Firefox 4.0(Beta)でセッションリストア時のタブ読み込み数を変更する方法。
2011年01月23日

Firefox 4.0(Beta)でセッションリストア時のタブ読み込み数を変更する方法。

Firefox 4.0(Beta)では、セッションリストア時に同時読み込みを行うタブの数が3つに制限されています。

Firefoxアドオン「BarTab」のようなこの機能が与えられたことにより、大量のタブ復元する場合でもすべて読み込み中になってしまうことが無くなるというメリットを受けることができるようになりました。

「カスケードセッションリストア」と呼ばれるこの機能は、5つのタブの復元を行っても3つのタブの読み込みが終わらない限り次のタブの読み込みを開始しないというものですが、人によっては3つでも多すぎるとか、もう少し多めに読み込みをしてほしいという方もいると思います。

そんな方のために、Firefox 4.0(Beta)にはこの「カスケードセッションリストア」によるタブの同時読み込み数を変更するオプションが用意されています。


<設定方法>

1.about:configを開き、フィルタ欄に[browser.sessionstore.max_concurrent_tabs]と入力する。


01_browser.sessionstore.max_concurrent_tabs.JPG


2.表示された[browser.sessionstore.max_concurrent_tabs]項目をダブルクリックし、デフォルトでは[3]となっている「値」を同時読み込みさせたいタブの数に変更する。


03_browser.sessionstore.max_concurrent_tabs.JPG


3.Firefoxを再起動する。


これで復元時に任意の数のタブを順次読み込んでいくようになります。


■復元時に3つずつ読み込み(デフォルト)


02_browser.sessionstore.max_concurrent_tabs.JPG


■復元時に5つずつ読み込み(値を5に)


04_browser.sessionstore.max_concurrent_tabs.JPG


■復元時に1つずつ読み込み(値を1に)


05_browser.sessionstore.max_concurrent_tabs.JPG


大量のタブを復元することが多い方は、好みの数値を設定しておいてはいかがでしょうか。


参考記事:Firefox 4 の最適セッションリストア(Mozilla Links 日本語版)



<関連記事>


■Firefoxのバックグラウンドタブで開かれたページを読み込まずに保留できるアドオン「BarTap」

同時に読み込むタブの数を制限できるFirefoxアドオン「Load Tabs Progressively」

■Firefoxで開いているタブを[ポーズ]してメモリを開放するアドオン「SaveMemory」

■必要なタブを保管して後から呼び出すことができるFirefoxアドオン「Tab Saver!」

■Firefoxで開いているタブセットを保管していつでも呼び出すことができるアドオン「Tabby」
posted by moziller at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mozilla-Tip's



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック