Top Firefox拡張機能(アドオン) >ページ上のリンクを無効にしてテキストとして扱うことができるFirefoxアドオン「Link Toggler」
2010年11月29日

ページ上のリンクを無効にしてテキストとして扱うことができるFirefoxアドオン「Link Toggler」

ウェブページ上で選択したい文字列がリンクになっているようなことがよくあります。

このようにリンクされたテキストの場合、そのすべて、または先頭や最後ならドラッグして選択することも可能ですが、途中にあるキーワードを選択するようなことはできません。

Firefoxアドオンにはテキストを選択してなんらかの作業ができるようなものも多数ありますが、該当文字列がこのようになっているとどうしようもありませんね。

Firefoxに「Link Toggler」というアドオンを入れておけば、こんな時でも簡単にコピーなどの作業が可能となります。

「Link Toggler」は表示しているページ上の全リンクをワンタッチで無効にし、リンクされたテキストもプレーンなテキストとして扱うことができるというアドオンです。

アドオンをインストール後、ページコンテキストメニューから[Toggle links]、または[Ctrl+Shift+L]を実行すれば、ページ上にあるリンクがすべて無効となりクリックできなくなります。


02_Link Toggler Firefox Add-ons.JPG


■実行前


01_Link Toggler Firefox Add-ons.JPG


■実行後


03_Link Toggler Firefox Add-ons.JPG


見本のようにリンクであることを示す色もなくなりますが、マウスをポイントすればそれが本来リンクであったことがわかるようになっています。


04_Link Toggler Firefox Add-ons.JPG


これにより、リンクされた文章の途中にあるキーワードも簡単に選択することが可能となります。

*元に戻す場合は再度[Toggle links]、または[Ctrl+Shift+L]を実行します。

リンクされたテキストを選択しようとすると、余計な部分まで選択されてしまったりしてイライラすることも多いですが、これがあれば通常のテキストのように簡単に選択できるようになります。

リンクされたテキストの選択だけでなく、余計なリンクを踏みたくないような時にも使えそうなアドオンですね。


ダウンロード:Link Toggler(Add-ons for Firefox)[このアドオンは Mozilla のレビューを受けていません。]


<関連記事>


■テキスト表記のURLをハイパーリンクとして表示してくれるFirefoxアドオン「Url2Link」

■Webページ上で選択したテキストを簡単にテキストファイルとして保存できるFirefoxアドオン「stf」

■リンク文字列を簡単にコピーできる「Copy Link Text」

■選択したテキストをクリップボードに「追記」できるFirefoxアドオン「AddMoreTextToClipboard」

■リンクのターゲットタグをコントロールできるFirefoxアドオン「TargetKiller」(3.0対応)



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。