Top Thunderbird拡張機能(アドオン) >カレンダーの予定をタイムラインで表示できるThunderbirdアドオン「Timeline」
2010年11月19日

カレンダーの予定をタイムラインで表示できるThunderbirdアドオン「Timeline」

Thunderbirdにアドオン「Lightning」や「Provider for Google Calendar」をインストールして予定を管理している方も多いと思います。

このカレンダーに登録されてある予定は、ツールバーのカレンダービューボタンをクリックすればいつでも参照することができますが、通常のメッセージビューでは一目で確認というわけにはいきません。

そんな時はTodayペインを表示しておくようにすれば、予定やタスクの一覧を常時表示しておくことができますが、スペースを取りますし直感的に予定を把握しにくい面もあります。

Thunderbirdに「Timeline」というアドオンをインストールしておけば、どんなビューでもステータスバー上部で予定の有無を意識することができます。

「Timeline」は、LightningをインストールしているThunderbirdのステータスバー上に専用のタイムラインバーを表示し、カレンダーに登録されている予定をそのライン上で常に確認することができるというものです。

アドオンをインストールすると、ステータスバーの上部に10分刻みのタイムラインバーが表示されるようになります。


01_Timeline Thunderbird Add-ons.JPG


表示範囲は現在時刻から約半日となっており、その範囲内に予定、またはタスクがあれば、そのカレンダーのカラーでバーに予定が表示されます。

*現在時刻も赤いラインで表示されます。

このバーはカレンダーやメッセージなどどのビューでも常時表示されます。

*非表示にしたい場合は、表示メニューから[Timeline]のチェックを外します。

予定の移動やカレンダーへのビュー切り替えなどはできないものの、表示されている予定をダブルクリックすればその編集ウィンドウが開くようになっているほか、バーの右クリックで以下の操作が可能です。


02_Timeline Thunderbird Add-ons.JPG


○予定の非表示
○すべての予定の非表示
○タスク(Todo)の非表示
○タイムラインのズームイン・ズームアウト(およびリセット)

このようなスタイルで予定を表示することによって、Thunderbirdさえ起動しておけば予定がある時間や空き時間をすぐに把握することができるようになるというわけです。

Lightningを常用されている方はインストールしてみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:Timeline(Add-ons for Thunderbird)


<関連記事>


■Thunderbirdにカレンダーを追加「Lightning」

■「Lightning」にGoogle カレンダーを同期させる「Provider for Google Calendar」

■Google カレンダーをThunderbirdのタブで表示して操作できるアドオン「Google Calendar Tab」

■Google カレンダーをThunderbirdのタブで表示して操作できるアドオン「Google Calendar Tab」



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック