Top Firefox拡張機能(アドオン) >ステータスバーボタンでFlashと画像表示をON・OFFできるFirefoxアドオン「Image and Flash Blocker」
2010年11月10日

ステータスバーボタンでFlashと画像表示をON・OFFできるFirefoxアドオン「Image and Flash Blocker」

ページ内にフラッシュやイメージコンテンツが置かれていることにより、表示が遅かったり重かったりする原因となることがあります。

こうしたコンテンツは何の役にもたたないわけでなく、訪問者に有益な情報を与えてくれることもありますが、不要であることが分かり切っていることもあり、ブロックしたいような時も多々あります。

Firefoxでこのようなコンテンツを非表示にするには、オプション設定を変更したりする必要がありますが、毎回オプションを開いて設定していては効率が悪いですね。

Firefoxに「Image and Flash Blocker」というアドオンをインストールしておけば、ページ内に表示されているイメージおよびフラッシュコンテンツの表示、非表示を簡単に切り替えることができるようになります。

「Image and Flash Blocker」をインストールすると、ステータスバーに専用のボタンが設置され、ボタン横の▼をクリックして表示できるメニューから、4つの組み合わせでイメージとフラッシュの表示を切り替えることができます。


01_Image and Flash Blocker_Firefox Add-ons.JPG


設定できる項目はメニュー上から以下のようになっています。


■イメージ、フラッシュともに表示(デフォルト)


■イメージ非表示・フラッシュ表示


02_Image and Flash Blocker_Firefox Add-ons.JPG



■イメージ表示・フラッシュ非表示


03_Image and Flash Blocker_Firefox Add-ons.JPG


■イメージ、フラッシュともに非表示


04_Image and Flash Blocker_Firefox Add-ons.JPG


以上のように、ボタン一つで画像とFlashコンテンツの表示、非表示を好きな組み合わせで変更することができるというものです。

なお、サイトごとに設定は保存されず、一旦選択するとその後のブラウジング中ずっとその設定のままの表示スタイルとなります。

モバイル中に本文だけをサラっと読みたいときや、用のない画像やフラッシュだと分かり切っているページで設定すれば快適にページを読むことができそうですね。


ダウンロード:Image and Flash Blocker(Add-ons for Firefox)


<関連記事>


■ページ(サイト)内コンテンツを任意で非表示にすることができるFirefoxアドオン「Remove It Permanently」

■ワンタッチでページ内の余計なコンテンツを非表示にできるFirefoxアドオン「Clean the junk」

■どうせFlashをスキップするならブロックしてしまおう「Flashblock」

■印刷前にページ内の広告画像などを任意で消去できるFirefoxアドオン「Nuke Anything Enhanced」



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。