Top Google Chrome >Google Chrome利用中にGoogleカレンダーの予定をデスクトップ通知させる方法。
2010年09月22日

Google Chrome利用中にGoogleカレンダーの予定をデスクトップ通知させる方法。

オンラインで予定を管理できるGoogle カレンダーは非常に便利なものですが予定を次々に登録していても、それに気がつかなければ何の意味もありませんね。

このようなことから、Google カレンダーを常用されている方の中には、アウトルックのように予定をデスクトップに通知してほしいという方も多いのではないでしょうか。

Google カレンダーを日常的にお使いの方ならすでにお気づきかと思いますが、Labsの機能の中には「控えめな通知」というアイテムが用意されています。

これを有効にしてGoogle Chromeを設定してやることにより、Google Chrome利用中にGoogle カレンダーの予定をデスクトップに通知させることができます。


設定方法は非常に簡単です。(見本はWindows 7上のGoogle Chrome 6.0.472 Betaです。)


1.Google Chromeのオプション→高度な設定内で[コンテンツの設定]をクリック。


01_Google Chrome_Gcal_Alart.JPG


2.[コンテンツの設定]ウィンドウ内で[通知]をクリックし、[デスクトップ通知の設定]にて[サイトがデスクトップ通知を表示しようとしたときに確認する]にチェックを入れる。


02_Google Chrome_Gcal_Alart.JPG


Google Chrome側の設定はこれだけです。


3.Google カレンダーにアクセスし、上部メニューにて[Labs]をクリック。


03_Google Chrome_Gcal_Alart.JPG


4.Labsの中にある[控えめな通知]を[有効にする]


04_Google Chrome_Gcal_Alart.JPG


5.Google ChromeでGoogle カレンダーにアクセスすると、[www.google.comでデスクトップ通知の表示を許可しますか?]というバーが表示されますので、[許可]をクリック。


05_Google Chrome_Gcal_Alart.JPG


以下のような通知がデスクトップ右下に表示されれば準備は完了です。


06_Google Chrome_Gcal_Alart.JPG


あとはGoogle カレンダーで予定を作成したり編集したりする際、[通知]部にてポップアップを選択し、通知させたい予定開始前の時間をセットしておけばデスクトップにアラートが表示されるようになります。


■このように予定を作成した場合・・・


07_Google Chrome_Gcal_Alart.JPG


■10分前にこのようなアラートが表示されます。


08_Google Chrome_Gcal_Alart.JPG


*確認後、アラートは手動で閉じる必要があります。

*ポップアップ上部の設定ボタンをクリックすれば通知機能を解除することができます。

この機能はGoogle カレンダーにログインしたままであれば、カレンダーを閉じて他のページを閲覧していても有効となります。

このように、デスクトップアプリのように予定の通知を受け取ることができるようになることで、さらにGoogle カレンダーを有効活用することができるようになります。

Google Chromeをお使いの方はこの機能を有効にして、予定を忘れないようにしておいてはいかがでしょうか。


<関連記事>


posted by moziller at 19:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Google Chrome



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック