Top Firefox拡張機能(アドオン) >コピーした複数のテキストをアーカイブして保持できるFirefoxアドオン「Copy Archive」
2010年08月13日

コピーした複数のテキストをアーカイブして保持できるFirefoxアドオン「Copy Archive」

ブラウジング中に気になる文章をクリップボードにコピーしても、他のテキストをコピーしたりPCを終了してしまうとその内容は保持されません。

時には複数のページから必要部分をコピーして利用するようなことがありますが、このようなクリップボードの特性によりはがゆい思いをすることもありますね。

こんな時に便利なFirefoxアドオンが「Copy Archive」です。

「Copy Archive」は、Firefoxでブラウジング中にコピーしたテキストをひとつのアーカイブとして保持し、必要時に素早く参照することができるというアドオンです。


<使い方>


アドオンをインストールしたら、テキストを選択し、コンテキストメニューに追加された[Copy to Archive]をクリックします。


01_Copy Archive_Firefox_Add-ons.JPG


他のページなどにも保持したいテキストがあった場合、この作業を繰り返します。

これで[Copy to Archive]を実行したテキストがまとめて保持されます。

*保持された内容はFirefoxを終了してもPCをシャットダウンしても消えることはありません。

保持した内容を参照したくなったら、ページコンテキストメニューから[Recover Data from Archive]を実行します。


02_Copy Archive_Firefox_Add-ons.JPG


実行すると、別途ポップアップウィンドウが表示され、保持した日別にテキストの内容を表形式で参照することができます。


03_Copy Archive_Firefox_Add-ons.JPG


04_Copy Archive_Firefox_Add-ons.JPG


あとはこの中から必要な文章を再利用するだけです。

なお、ページコンテキストメニューから[Delete Archive]を実行すれば、すべての内容を消去してリセットすることができます。


05_Copy Archive_Firefox_Add-ons.JPG


よくあるクリップボードツールのように、コンテキストメニューから選択して貼り付けるようなことはできませんが、すべての保持内容をこうしてリストで参照できるスタイルはまた違った使い勝手があっていいですね。

多くの参考文を複数日にわたって探すようなときはもちろん、メモ代わりなどにも使えそうなアドオンですので、デフォルトの[コピー]とうまく使い分けてみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:Copy Archive(Add-ons for Firefox)[このアドオンは Mozilla のレビューを受けていません。]


<関連記事>


■クリップボードに複数のテキストを保持し、選択して貼り付けることができるFirefoxアドオン「Clipple」

■選択したテキストをクリップボードに「追記」できるFirefoxアドオン「AddMoreTextToClipboard」

■選択テキストを自動的にクリップボードにコピーできるFirefoxアドオン「ClickCutter AutoCopy」

■クリップボードにコピーされた複数のURLを一気に開くことができるFirefoxアドオン「Launch Clipboard」(3.0対応)

■クリップボードの内容をタブに貼り付けて検索やサイトアクセスを行えるFirefoxアドオン「Paste to Tab and Go」

■開いているタブのURLを一括でクリップボードにコピーできるFirefoxアドオン「Tab URL Copier」

■Webページ上でテキストを選択するだけでクリップボードにコピーできるFirefoxアドオン「Auto Copy」





この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。