Top Greasemonkey >Firefoxのコンテキストメニューをシンプルにしてくれるユーザースタイル「Better context menu」
2010年08月12日

Firefoxのコンテキストメニューをシンプルにしてくれるユーザースタイル「Better context menu」

Firefoxのページコンテキストメニューからは、進む・戻る・中止などの基本的な操作もできるようになっています。

しかし、このような操作は、ショートカットキーやツールバーボタンから行うことが多く、コンテキストメニューから実行するようなことは無いという方も多いのではないでしょうか。

使わないコンテキストメニューがあっても、メニュー自体が長くなってしまったり、選択スピードが遅くなってしまうだけであまりメリットはありませんね。

ページコンテキストメニューでこうした基本アイテムを使わないのなら、「Better context menu」というユーザースタイルをインストールすることで非表示にすることができます。

「Better context menu」インストール後は、以下のように戻る・進む・更新・中止の4アイテムが非表示となります。


■適用前


01_Better context menu_Greasemonkey.JPG


■適用後


02_Better context menu_Greasemonkey.JPG


このようにスッキリと短いコンテキストメニューにすることが可能です。

このスタイルはFirefoxにStylishをインストールしているならワンタッチでインストールが可能ですが、Stylishをご利用で無い場合でも、userChrome.cssに以下のコードを記述することにより同様の効果を得ることができます。


@namespace url("http://www.mozilla.org/keymaster/gatekeeper/there.is.only.xul");

menuitem#context-back, menuitem#context-forward, menuitem#context-reload, menuitem#context-stop, #context-sep-stop {display:none !important;}



これらのメニューを利用しない方や、アドオンの導入によってコンテキストメニューが長くなてしまっている方は適用してみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:Better context menu(userstyles.org)


<関連記事>


■Firefoxのコンテキストメニューに「ブックマーク」を追加するアドオン「Context Bookmarks」

■Firefoxのコンテキストメニューを折りたたみ、必要最小限だけの表示にするアドオン「FfChrome」

■コンテキストメニューに”印刷”を追加するFirefoxアドオン「Print Context Menu」

■ページ内のテキストを選択したら自動でコンテキストメニューを表示するFirefox アドオン「Auto Context」

■FirefoxのuserChrome.cssを自動生成する「userChrome.cssジェネレータ」
posted by moziller at 21:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | Greasemonkey



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
CSSは
#context-sep-stop 無効
menuseparator#context-sep-stop 有効
Posted by meatbag at 2010年08月13日 09:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック