Top Firefox拡張機能(アドオン) >開いているタブを指定間隔でローテーション表示できるFirefoxアドオン「Tab Rotator」
2010年07月30日

開いているタブを指定間隔でローテーション表示できるFirefoxアドオン「Tab Rotator」

リアルタイムで変化するようなページを複数チェックしたいとき、それらまとめてタブに開いておくのは簡単ですが、内容を確認したいときは手動でタブを切り替えていく必要があります。

このようなとき、複数ウィンドウを並べて表示したり、ウィンドウ分割ツールを使えば全ての変化を見渡すことは可能ですが、多数のウィンドウを開きたくない場合などもあるでしょう。

そんなとき、「Tab Rotator」というアドオンを使えば、現在開いているタブを自動的に切り替えることができるようになります。

「Tab Rotator」は、現在開いている全てのタブを、指定した間隔でローテーションし、機能を無効にするまでループしてくれるというものです。

アドオンをインストールしたら、表示メニュー→[rotate Tabs]をクリック、または専用のツールバーボタン 02_Tab Rotator_Firefox_Add-ons.JPG をクリックすると、現在開いているタブを右方向に10秒間隔でローテーションしながら切り替えるようになります。


01_Tab Rotator_Firefox_Add-ons.JPG


再度表示メニュー→[rotate Tabs]、またはツールバーボタンをクリックすればローテーションが停止します。

*ショートカットキーとしてCtrl+F11が用意されていますが、当方の環境では機能しませんでした。

デフォルトでは切り替え間隔が10秒になっていますが、オプション設定により、1秒〜23時間59分59秒まで自由に設定することができます。


03_Tab Rotator_Firefox_Add-ons.JPG


上述のような複数のページをチェックしたい場合や、スクリーンセーバー的に使ったりすることができそうですね。


ダウンロード:Tab Rotator(Add-ons for Firefox)[このアドオンは Mozilla のレビューを受けていません。]


<関連記事>


■Personasのテーマを指定間隔でランダムにローテーションできるFirefoxアドオン「Personas Rotator」

■[Ctrl+Tab]で最近見ていたタブに移動できるFirefoxアドオン「LastTab」

■選択テキストの更新を一定間隔でチェックすることができるFirefoxアドオン「Check4Change」

■切り取ったページコンテンツの更新をチェックできるFirefox用クリップアドオン「Fireclip」

■「Ctrl+Tab」でページサムネイルを表示しながらタブ切り替えができるFirefoxアドオン「Ctrl-Tab」



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/157958664
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック