Top Firefox拡張機能(アドオン) >Firefoxで開いている任意のタブを保存・復元できるアドオン「storeTab」
2010年06月17日

Firefoxで開いている任意のタブを保存・復元できるアドオン「storeTab」

Firefoxなら、様々なアドオンを使って個別のタブや開いている全てのタブをキープして次回開き直すというようなことは簡単にできます。

このようにタブを保存したり復元したりするジャンルのアドオンはかなり多くありますが、今回は選択した任意のタブを次々に保存し、それらを一気に復元することができるというシンプルなアドオン「storeTab」というものを試してみました。

「storeTab」は、名前の通り、現在いているタブの中から、キープしたいものを次々に選択して、あとからワンタッチでまとめて開くことができるというアドオンです。

アドオンをインストールしたら、まずはツールバーに実行ボタン 01_storeTab_Firefox_Add-ons.JPG を配置します。

このボタンをクリックすると、[storeTab][restoreTab]というメニューが表示されるようになります。


02_storeTab_Firefox_Add-ons.JPG


保存したいページ(タブ)をアクティブにし、[storeTab]をクリックすればタブがストックされるようになっています。

この作業を必要なタブ全てで行っておけば、それらのタブを閉じてしまったり、Firefoxを再起動してしまっても、[restoreTab]を実行するだけで保存した全てのタブを一気に開くことができます。

[restoreTab]は何度でも実行可能となっていますが、新たに[storeTab]を実行すれば以前のセットはクリアされ、次の保存・復元が可能となります。

表面上には何も変化がなく、他の類似アドオンと比べてかなりシンプルですが、セッションの復元とはまた違ったタブのキープができるので便利です。

「あとで読む」系のアドオンなどはちょっと大げさだという方は使ってみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:storeTab(Add-ons for Firefox)


<関連記事>


■Firefoxで「最近閉じたタブ」の保存件数を増やす方法。

■開いているタブをセッション単位でブックマークのように保存・呼び出しできるFirefoxアドオン「Linkwad」

■Safariのようにリンクを一時保存してそのページにすぐ戻ることができるFirefoxアドオン「SnapBack」

■必要なタブを保管して後から呼び出すことができるFirefoxアドオン「Tab Saver!」

■読みたいページの候補を一時待避させて後で読むことができるFirefoxアドオン「To Read Later」

■興味のありそうなリンクやページを”あとで読む”ために保存できるFirefoxアドオン「Read it Later」

■あとで読みたいページやリンクを一つのタブに保存できるFirefoxアドオン「HandyTab」

■あとで読みたいURLをサイドバーにストックできるFirefoxアドオン「Bookstack」

■任意のリンクをストックして1つのURLにまとめることができるFirefoxアドオン「Link List」



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。