Top Firefox拡張機能(アドオン) >セキュアなサイト接続時にロケーションバーのカラーを変更してくれるFirefoxアドオン「Glassy Urlbar」
2010年05月12日

セキュアなサイト接続時にロケーションバーのカラーを変更してくれるFirefoxアドオン「Glassy Urlbar」

Firefoxでは、ロケーションバー左側のファビコン部がグリーンで表示され、そのサイトが暗号化された安全性の高い接続を提供していることがわかるようになっています。

しかし、一目で確認できるほど目立つものでもありませんし、「一部の接続だけが暗号化されています」と警告されるようなサイトでは、それをロケーションバー部で確認することはできないようになっています。

普段からこのようなサイトアクセスの安全性を気にかけている方にとっては、もうちょっとはっきりとわかるようにしてほしいという要望もあるかもしれません。

そんな方に役立つFirefoxアドオンが「Glassy Urlbar」です。

「Glassy Urlbar」は、https接続のように安全性の高いサイト接続時に、ロケーションバーのカラーを変更してそのセキュア度を視覚的に確認することができるというものです。

Firefoxデフォルトでは、https接続時にロケーションバーの表示は以下のように変化するようになっています。


01_Glassy Urlbar_Firefox_Add-ons.JPG


Glassy Urlbarをインストール後は、これが以下のように変化します。


■https接続時


02_Glassy Urlbar_Firefox_Add-ons.JPG


■ページ情報で「一部の接続だけが暗号化されています」と警告されるサイト、またはステータスバーに「安全性が確認できない項目が含まれています」と警告されるサイト接続時。


04_Glassy Urlbar_Firefox_Add-ons.JPG


*ステータスバーのパドロックアイコンにが 05_Glassy Urlbar_Firefox_Add-ons.JPG のように表示されている場合。

また、ロケーションバーマウスオーバーした場合、以下のように背景色が変化するようになります。


03_Glassy Urlbar_Firefox_Add-ons.JPG


このように、現在のサイト接続がどのような状態なのかをロケーションバーで簡単に確認することができるというアドオンとなっています。

接続に関する安全性が気になる方は、インストールしておいてはいかがでしょうか。


ダウンロード:Glassy Urlbar(Add-ons for Firefox)


<関連記事>


■Firefox 3でhttpsサイトを読み込んだ際のロケーションバーに色を付ける方法。

■暗号化されたページが本物かどうかを見分けることができるFirefoxアドオン「Petname Tool」

■偽サイトやセキュアでないサイトをFirefoxのサイドバーで警告する「Personal Anti-Phishing Sidebar」

■指定サイトを自動的に[https]で接続させることができるGreasemonkeyスクリプト「Secure connections on sites」



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
「部分暗号化」、それと「一部暗号化」という聞きなれない単語があるのですが、これについて教えてください。

Posted by itochan at 2010年05月15日 02:56
itochanさま。

言い回しがおかしかったですね・・・

ステータスバーに「一部の接続だけが暗号化されています」という表示出た際のことですが、これはページそのものはhttps接続されてはいるが、含まれているcssや画像などがhttpのままだという意味で、「一部暗号化されていない」、または「安全性が確認できない項目が含まれています」が正しい表現でした。

ご指摘ありがとうございました。ただいま修正させてただきました。
Posted by moziller at 2010年05月15日 03:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック