Top Firefox拡張機能(アドオン) >外部アプリケーションからリンクを開く際の挙動を簡単に変更できるFirefoxアドオン「Restore Open_External」
2010年05月03日

外部アプリケーションからリンクを開く際の挙動を簡単に変更できるFirefoxアドオン「Restore Open_External」

Firefox 3.5以降では、外部アプリケーションやURLショートカットからリンクを開く際、現在のウィンドウの新しいタブに開くようになっています。

この挙動は、以前のFirefoxならabout:configで変更することが可能でしたが、3.5以降ではオプション自体がなくなっています。

しかし、使っているアプリケーションの利用方法などにより、この挙動を変更したいというユーザーもいることでしょう。

そんなユーザーのためのFirefoxアドオンが「Restore Open_External」です。

「Restore Open_External」は、Firefox 3.5以降で無くなってしまった[browser.link.open_external]オプションを復活させ、UIで挙動を変更することができるというもものです。

これを利用することにより、外部アプリからリンクをFirefoxに渡す際の挙動を簡単に変更することができます。

挙動の設定はアドオンのオプション設定から行います。


01_Restore Open_External_Firefox_Add-ons.JPG


設定できる項目は以下の通りです。

■外部アプリケーションから開くリンクを現在のウィンドウに開く

■外部アプリケーションから開くリンクを新しいウィンドウに開く

■外部アプリケーションから開くリンクを現在のウィンドウの新しいタブに開く(Firefoxデフォルト)

これにより、フィードリーダーなどの外部アプリにあるリンクを好みのスタイルで開くことができるようになります。

また、以前の記事「外部アプリなどのリンクをクリックした際、Firefoxへフォーカスを移さないようにする方法。」にある設定と併用(新規ウィンドウで開くようにした場合は有効になりません。)すれば、フォーカスのコントロールなども可能となりますので、自分に最も適したリンクの開き方を構築することができます。

外部アプリからリンクを開くことが多い方は試してみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:Restore Open_External(Add-ons for Firefox)[実験的なアドオン]


<関連記事>


■外部アプリなどのリンクをクリックした際、Firefoxへフォーカスを移さないようにする方法。

■プリセットした7つのローカルアプリでリンクを開くことができるFirefoxアドオン「PlayLink」

■外部アプリからリンクを開く際の挙動を変更するFirefoxアドオン「Reuse Home Page」



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック