Top Firefox拡張機能(アドオン) >指定条件を満たしたときだけFirefoxのステータスバーを表示するアドオン「Shy Statusbar」
2010年04月21日

指定条件を満たしたときだけFirefoxのステータスバーを表示するアドオン「Shy Statusbar」

ブラウジングスペースを得るために、ツールバーの配列を変更したり、必要時だけ表示するだけの方法がありますが、Firefoxにはもう一つ隠すことができるバー[ステータスバー]の存在があります。

ここには現在のステータスやアドオンによって追加されたアイコンなどが並ぶようになっていますが、そう利用していないという方も多いのではないでしょうか。

しかし、使っていないからといって、完全に非表示にしたりするといろいろ不便だという方もいらっしゃるでしょう。

そんな方に役立つFirefoxアドオンが「Shy Statusbar」です。

「Shy Statusbar」は、基本的にステータスバーを隠すようにするアドオンですが、設定によりある条件を満たしたときだけバーを表示させることができるというものです。

アドオンをインストールすると、デフォルトではステータスバーが非表示となり、リンクへのマウスオーバーや読み込み中のメッセージがある場合のみステータスバーが表示されるようになります。

オプション設定で複数の条件を指定してやれば、このアクションを好みのスタイルに変更することができます。

オプション設定で設定できる項目は以下の通りです。


01_Shy Statusbar_Firefox_Add-ons.JPG


■ステータスバーにテキスト表記が無い場合にステータスバーを表示する
■”完了”が表示されている場合にステータスバーを表示する
■リンクにマウスを乗せるとステータスバーを表示する
■リンクに**ミリ秒マウスを乗せるとステータスバーを表示する
■上記タイムアウトの時間(ミリ秒)
■ウェブページのスクリプトによるメッセージが表示されたらステータスバーを表示する
■ページを読み込み中の場合ステータスバーを表示する
■その他の表示があった場合ステータスバーを表示する

以上のように、リンクやステータスの有無によって、ステータスバーを自動的に開閉することができるようになるというアドオンです。

これがあれば完全に非表示にしなくても済みますし、ステータスバーへのマウスオーバーなどをしなくても、必要時に自動で実行されるのが便利ですね。

本アドオンは以前記事にした[Minimode]の作者によるリリースで、ネットブック環境などでしたら両アドオンの併用を推奨しています。

こうした環境でスクリーンスペースが欲しい方は使ってみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:Shy Statusbar(Add-ons for firefox)[実験的なアドオン]


<関連記事>


■Firefoxにカスタマイズしたスクリーンモードを追加できるアドオン 「Minimode」

■[Firefox]ステータスバーのフォントサイズを変更する方法。

■Firefoxのメインメニューとステータスバーの表示項目を自動的に隠すようにする方法。

■Fireofx 3のフルスクリーンモードを調整する方法。

■カスタマイズ可能なフルスクリーン環境を実現する「FullerScreen」

■Firefoxの各種バーをショートカットで表示・非表示にできるアドオン「Hide GUI bars」

■Firefoxのブックマークツールバーを自動的に隠すアドオン「Bookmark Autohider」



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック