Top Firefox拡張機能(アドオン) >Firefoxのサイドバーにページ全体を表示して必要部分だけをキャプチャできるアドオン「WIPS」
2010年04月20日

Firefoxのサイドバーにページ全体を表示して必要部分だけをキャプチャできるアドオン「WIPS」

Firefoxユーザーなら、各種アドオンを利用することによって、ページのスクリーンショットなどは簡単に撮ることができます。

こうしたアドオンは、ページ全体をキャプチャするものや、選択部分のみをキャプチャするものなど様々な種類がありますが、必要部分のキャプチャでいつも困るのは、そのページ全体が画面の縦に収まらないことがほとんどだということです。

全体が見渡せないということは、見えている部分から見えていない部分にまたがる領域のキャプチャがしにくいということになり、このような部位のショットを得たいときにイライラすることも多々あります。

そんな問題を解消できるFirefoxアドオンが「WIPS」です。

「WIPS」は、Firefoxで表示しているページの全体像をいったんサイドバーに表示し、そこで任意の領域を選択することにより、簡単にキャプチャすることができるというアドオンです。

アドオンをインストールしたら、まずは専用の実行ボタン 01_WIPS_Firefox_Add-ons.JPG をツールバーなどに配置しておきましょう。

キャプチャしたページを表示し、このボタンをクリックすれば、長いページの場合でも全体像がサイドバーに表示されるようになります。


02_WIPS_Firefox_Add-ons.JPG


*デフォルトではサイドバー表示時の幅が110と小さいので、境界をドラッグして見やすい幅に変更してください。

全体像が表示されたら、マウスでキャプチャしたい部分を対角にドラッグします。


03_WIPS_Firefox_Add-ons.JPG


指定領域が赤いラインで囲まれたら、サイドバー上部のボタンをクリックし、[Image]を選択すれば、その領域のショットを保存することができます。


04_WIPS_Firefox_Add-ons.JPG


また、どこも選択せずにメニューから[Preview]を選択すれば、ページ全体のショットを保存することができます。

*両者とも形式はPngとなります。


■領域選択による保存画像


05_WIPS_Firefox_Add-ons.JPG


■ページ全体の保存画像


06_WIPS_Firefox_Add-ons.JPG


オプション設定では、サイドバーを開いた際の初期設定幅、領域選択ラインのカラー、領域選択時の上下左右の余白やサイズ、デフォルト保存ディレクトリの指定などができるようになっています。


07_WIPS_Firefox_Add-ons.JPG


最近ではブログなどが主流となり、割と縦に長めのページが多くなっていますが、このようなサイトでも全体像を表示させることでかなりキャプチャがしやすくなります。

スクリーンショット系のアドオンがたくさんありますが、指定領域のキャプチャをよく行う方は使ってみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:WIPS(Add-ons for Firefox)[実験的なアドオン]


<関連記事>


■webページの選択範囲をキャプチャして保存・編集することができるFirefoxアドオン「kwout」

■Webページを3通りの方法でキャプチャして編集もできるFirefoxアドオン「Aviary」

■ページ全体および選択部分を簡単に画像として保存できるFirefoxアドオン「Abduction!」

■画像やページスクリーンショットを編集してから保存できるFirefoxアドオン「Pixlr Grabber」



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック