Top Firefox拡張機能(アドオン) >Firefoxのウィンドウをマウスの右ボタンで自在に移動できるアドオン「Drag-2-Move」
2010年04月01日

Firefoxのウィンドウをマウスの右ボタンで自在に移動できるアドオン「Drag-2-Move」

Firefoxでブラウジングしているとき、デスクトップにアクセスしたくなるようなことはよくあることです。

このようなときはFirefoxを縮小したり最小化したりすることで対応すればいいわけですが、Firefoxを開いたままこうした裏方にアクセスしなければならない場合などは、その位置調整などに手間がかかることがありますね。

ウィンドウを縮小しても、目的のアイテムが結局Firefoxの裏になってしまい、そこからさらに任意の位置までタイトルバーを引きずらなければならないということは誰にでも経験があると思いますが、結構ストレスがかかるものです。

そんなとき、スムーズにFirefoxのウィンドウを移動させることができるアドオンが「Drag-2-Move」です。

「Drag-2-Move」は、Firefoxのブラウジングスペースをはじめ、UI各部でマウスの右ボタンをホールドしたまま動かせば、ウィンドウを自在に移動させることができるというアドオンです。

アドオンをインストール後、Firefox各部でマウスの右ボタンを押したまま移動を開始すると、ウィンドウが縮小状態となり、ボタンを離した位置に置くことができるようになります。


01_Drag-2-Move_Firefox_Add-ons.JPG


*イメージ画像を作りにくかったのでアドオンのページよりイメージをお借りしました。

ブラウザは最大化して使うことが多いと思いますが、これがあれば素早くFirefoxを縮小して移動できますので、背面のアイテムにアクセスしやすくなります。

Hide Captionのようにタイトルバーを非表示にするアドオンを使っている方にも便利ですね。

Firefoxのウィンドウポジションを頻繁に調整するような方は使ってみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:Drag-2-Move(Add-ons for Firefox)


<関連記事>


■Firefoxのウィンドウサイズ/位置変更がワンタッチでできるアドオン「SmartResize」

■Firefoxのウィンドウを任意のサイズ、位置にワンタッチで変更できるアドオン「Custom Geometry」

■Firefoxのウィンドウサイズを一発で変更することができるブックマークレット作成法。

■Firefox3.5のタブ切り離し時にウィンドウを均等に分割配置してくれるアドオン「Auto Arrange Window After Detach Tab」

■Firefox 3.5の「タブ切り離し機能」をコントロールする2つのアドオン。





この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。