Top Firefox拡張機能(アドオン) >Firefoxで開いている複数タブの情報をHTMLファイルにまとめて再利用できるアドオン「Tabundle」
2010年01月31日

Firefoxで開いている複数タブの情報をHTMLファイルにまとめて再利用できるアドオン「Tabundle」

Firefoxで多くのタブを開いていると、メモリを大量に消費したり見にくくなったりして困ることがあります。

Firefoxアドオンには、このような場面に対処するため、タブをファビコンだけで表示したり、後で読みたいタブをまとめてストックしておけるようなものがたくさんあります。

今回は、このように大量のタブをまとめて扱うことができるアドオンの中から、開いている複数のタブを一つのHTMLファイルにまとめ、あとで読み込み、配布などができるアドオン「Tabundle」というものを試してみました。

「Tabundle」は、名前の通り、複数のタブを[バンドル]してHTML形式でローカルに保存し、それをFirefoxで開いたり、第三者に配布したりすることができるというアドオンです。

アドオンをインストールしたあと、ステータスバーには専用のアイコンが追加されます。

複数のタブを開いた状態で、このアイコンを右クリックし、メニューから[タブをまとめる]を実行すると、現在のタブ一覧が以下のように一つのHTMLファイルとして保存されます。


01_Tabundle_Firefox_Add-ons.JPG


                         ↓


02_Tabundle_Firefox_Add-ons.JPG


ファイル内には、サイトのサムネイル、タイトル、URLが記載されており、これらをクリックするだけでそのサイトにアクセスすることができます。


03_Tabundle_Firefox_Add-ons.JPG


このHTMLファイルはプロファイルフォルダ以下に保存されていますので、Firefoxを閉じても消去されず、ステータスバーアイコンをクリックすればいつでも参照することができます。

参照時には、作成時と異なり、以下のように[日付.html]という形で日付別にリストが表示されるようになっており、ファイル名をクリックするごとにその日保存されたタブの一覧を参照することができるようになっています。


04_Tabundle_Firefox_Add-ons.JPG


*同日に別のタブセットを保存したい場合は、表示されるダイアログにしたがって上書きするかリネームして別ファイルとして保存してください。

オプション設定では、HTMLファイルの保存先が指定できるようになっています。


05_Tabundle_Firefox_Add-ons.JPG


また、このアドオンを使って保存したファイルはアドオンからは削除することができません。

削除が必要な場合は、プロファイルフォルダ以下の[\tabundle]内のファイルを直接削除してください。(保存先がデフォルトのままの場合)

このように、タブ一覧をHTMLファイルで保存することにより、「あとで読む」ツールとして利用したり、URL一覧を第三者にメールで送信したりすることなどができるアドオンとなっています。

あとで読みたいタブセットの整理や、ブックマークの代わりなど、使い方はいろいろ考えられそうですね。


ダウンロード:Tabundle(Add-ons for Firefox)[実験的なアドオン]


<関連記事>


■あとで読みたいページやリンクを一つのタブに保存できるFirefoxアドオン「HandyTab」

■Firefox終了時にブックマークをHTML形式で自動保存(更新)する方法。

■あとで読みたいタブをグラフィカルに保存できるFirefoxアドオン「Taboo」

■Firefoxのブラウジング履歴をタブごとに記録して保存・読み込み・配布することができるアドオン「SurfBook」

■必要なタブを保管して後から呼び出すことができるFirefoxアドオン「Tab Saver!」





この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。