Top Greasemonkey >Google ReaderをかなりシンプルなデザインにカスタマイズできるGreasemonkeyスクリプト「Google Reader Absolutely Customizable」
2009年09月30日

Google ReaderをかなりシンプルなデザインにカスタマイズできるGreasemonkeyスクリプト「Google Reader Absolutely Customizable」

ノートPCなどでGoogle Readerを利用されている方は、そのデザインやメニューの煩雑さがちょっと気になるのではないでしょうか。

このようなツールは、欲しい情報をしっかりと読むことが目的ですので、できれば「読む」ことだけに専念できるデザインが好ましいですね。

そんなGoogle ReaderユーザーのためのGreasemonkeyスクリプトが「Google Reader Absolutely Customizable」です。

「Google Reader Absolutely Customizable」は、Google Readerから余分なメニューなどをそぎ落とし、記事を読むことに集中できるスタイルにカスタマイズすることができるというものです。

このスクリプトは以前からあったものですが、従来のバージョンでは、単に一括でシンプル化するだけのものでした。

これが今回のバージョンから、カスタム箇所を指定できるようになったこでさらに使い勝手が良くなっています。

スクリプトをインストールしたら、まずは日本のユーザーでも使えるよう、対象サイトを指定しておきましょう。

サイト指定を行うには、ステータスバーのGreasemonkeyアイコンを右クリックし、[ユーザースクリプトの管理]を開きます。

画面左側のスクリプト名部分で[Google Reader Absolutely Customizable]を選択し、右側の[ユーザースクリプトを実行するページ]部分にある[追加]ボタンをクリックします。

[ページの追加]ダイアログが開いたら、そこに[http://www.google.co.jp/*]と入力し、OKで閉じます。


02_Google Reader Absolutely Customizable_Greasemonkey.JPG


*日本語版のGoogle リーダーを開いたままこの作業を行えば、URLは自動的に入力されます。

これで日本語環境で利用する準備はOKです。

Google Readerを開いてみると、以下のようにシンプルなUIに変更されているはずです。


■デフォルト


01_Google Reader Absolutely Customizable_Greasemonkey.JPG


■Google Reader Absolutely Customizable適用後(全体)


03_Google Reader Absolutely Customizable_Greasemonkey.JPG


(部分)


07_Google Reader Absolutely Customizable_Greasemonkey.JPG


サイドメニューやトップメニュー、各記事下のメニューや記事へのジャンプボタンが非表示になるほか、各記事内の空白が縮小化されているのがわかります。

無駄なスペースが省かれたことで、記事がかなり読みやすくなりますね。

しかし、これでは何も無さすぎて操作に困るという方もいるかもしれません。

そのような場合は、カスタム箇所を個別に設定することが可能です。

個別設定を行うには、Google Readerを表示したままGreasemonkeyアイコン右クリック→ユーザースクリプトコマンド→[Google Reader Absolutely Customizable Options]をクリックします。


04_Google Reader Absolutely Customizable_Greasemonkey.JPG


現在の画面上に設定画面がオーバーレイ表示されますので、ここで無効にしたい項目のチェックを外せば、必要部分の表示などができるようになります。(デフォルトでは全てONになっています。)


05_Google Reader Absolutely Customizable_Greasemonkey.JPG


設定できる項目は以下の通りです。

<非表示項目>

1.トップナビゲーション
2.サイドナビゲーションのアイテム
3.エントリ下部の操作メニュー
4.ソーシャルオプション(shareなど)
5.アイテムナビゲーションボタン
6.サイドナビゲーションの開閉
7.サイドナビゲーションアイコン
8.記事本文へのジャンプリンク


06_Google Reader Absolutely Customizable_Greasemonkey.JPG


<その他>

1.各記事をスクエアラインで囲む
2.空白部分を圧縮する
3.サイドナビゲーションに合わせて画像をリサイズする
(デフォルトでは175px)

デフォルトに戻す

これらの有効・無効を切り替えることにより、使いやすさを残しつつ、シンプルなUIを作り出すことが可能です。

小さな画面でより多くの表示を行いたい方や、余計なメニューが目障りだと思っていた方は、導入してみてはいかがでしょうか。


ダウンロード:Google Reader Absolutely Customizable(userscripts.org)


<関連記事>


■Google Readerを別アプリのようにオーバーレイ表示できるFirefoxアドオン「Google Reader Popup」

■Googleリーダーの先読み量をアップするGreasemonkeyスクリプト「Google Reader Prefetch More」

■Google リーダーをシンプル&クールに表示できるGreasemonkeyスクリプト「Helvetireader」

■Google Readerと連動してマガジンスタイルなスタートページを利用できるFirefoxアドオン「feedly」

■Google リーダーに「プレビュー」ボタンを追加できるGreasemonkeyスクリプト「Google Reader Preview Enhanced」

■Googleのサイトに対応したGreasemonkeyスクリプト20個


posted by moziller at 12:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Greasemonkey



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。