Top 雑記帳 >IEでGoogle Chromeのレンダリングエンジンを使えるようになるプラグイン「Google Chrome Frame」
2009年09月29日

IEでGoogle Chromeのレンダリングエンジンを使えるようになるプラグイン「Google Chrome Frame」

Google Chromeでは、Canvas、SVGなどをサポートしており、今後増えると思われるこうしたWeb技術を使ったページを高速に表示できるようになっています。

しかし、何らかの理由でIEしか利用できないようなユーザーに対しては、こうしたWebサイトを正常に見てもらうことはできず、せっかくのサイトアピールの機会が失われてしまいますね。

また、IEをお使いの方でも高速なchromeを使ったブラウジングができればそれにこしたことはありませんね。

そんなユーザーのためのIE6.7.8(Win)用プラグインが「Google Chrome Frame」です。

「Google Chrome Frame」は、インストールするだけで、必要時にIEのレンダリングエンジンをGoogle Chromeのものに置き換えることができるというもので、上記のようなWeb技術を使ったページでも、IEで表示できるようになるほか、GmailなどのWebアプリもChromeならではの軽快感で操作することができるようになるというものです。

インストール作業は、IEから行う必要はなく、各ブラウザでこちらのページへアクセスし、[Get Google Chrome Frame]ボタンをクリックします。


00_Google Chrome Frame.JPG


規約に同意してインストールを開始し・・・


01_Google Chrome Frame.JPG


以下のダイアログが表示されたらインストールは完了です。


03_Google Chrome Frame.JPG


IEを起動して、ツール→[アドオンの管理]を開いて正常にインストールされているか確認しておきましょう。


06_Google Chrome Frame.JPG


*プラグイン名を選択し、画面下の[無効]をクリックしたあと、再起動すれば無効にすることができます。

また、アドレスバーに[cf:about:version]と入力してページを開くと、以下のようにChrome4.0**のレンダリングエンジンが利用可能なことを確認できます。


08_Google Chrome Frame.JPG


これで、上記のような最新技術を使ったサイトもIEで正常に表示できるようになります。

たとえば、Chrome ExperimentsというWeb技術のテストページにアクセスし、コンテンツをクリックしても、デフォルトのIEでは表示できず、エラーとなってしまいます。


04_Google Chrome Frame.JPG


05_Google Chrome Frame.JPG


Google Chrome Frameインストール後は自動的にレンダリングエンジンがGoogle Chromeに切り替わり、正常に表示されるようになります。


07_Google Chrome Frame.JPG


ただし、Chromeのレンダリングエンジンで自動的に表示するには、サイト側に以下のコードが記述されている必要があります。

<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="chrome=1">

*ブログに表示するため、<>は大文字にしています。


10_Google Chrome Frame.JPG


サイト管理者の方が、IEでも独自のコンテンツを表示してほしい場合は、上記コードを埋め込むほか、Google Chrome Frameのインストールを促す必要があります。

また、IEではちょっと動作にもっさり感があるGmailのようなWebアプリも、Google Chrome Frameインストール後は軽快に動作するようになります。

この場合、Gmailなど対応サイトのURL先頭に[cf:]を記述する必要があります。

例:cf:http://mail.google.com/mail/


09_Google Chrome Frame.JPG


このように、IEユーザー、サイト管理者ともにメリットのあるプラグインとなっています。

MSのコメントでは、ブラウザ内にブラウザを表示するのはセキュリティ面でいかがなものか・・という意見もありますし、Firefox 3.5などIE以外のブラウザを使えばいいという気もしますが、企業などでその他のブラウザを利用できないというような環境では役立つのではないでしょうか。


ダウンロード:Google Chrome Frame(Google Code)


<参考記事>


MS vs グーグル:IEプラグイン「Google Chrome Frame」をめぐり舌戦 via CNET Japan

マイクロソフトが「Google Chrome Frame」へ回答、セキュリティ懸念を示す via ZD Net Japan


<関連記事>


■Firefoxから任意のページをGoogle Chromeで開くことができるアドオン「Open in Google Chrome」

■Google Chromeでもブックマーク同期が可能になる[Xmarks for Chrome Alpha]を使ってみました。
posted by moziller at 10:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック