Top Firefox拡張機能(アドオン) >Webページ上のリンク切れなどをチェックできるFirefoxアドオン「Pinger」
2009年08月24日

Webページ上のリンク切れなどをチェックできるFirefoxアドオン「Pinger」

自分のサイトなどに多くのリンクを設置されている方なら、長期にわたって掲載しているリンクの有無などが気になることがあるでしょう。

もし、いつのまにかそのようなリンクが出来てしまっていた場合は、放置せずにすぐに対処しておきたいものですね。

しかし、このような確認作業は簡単なようで意外と面倒なものです。

そんな時に役立つFirefoxアドオンが「Pinger」です。

「Pinger」は、その名の通り、pingを打つようにWebページ上のリンクチェックし、リンクのステータスを素早く確認することができるというものです。

アドオンをインストール後、ページの任意の部分、またはターゲットとなるリンクを選択(複数可)してコンテキストメニューを呼び出します。

メニュー内には、ページ内の全てのリンクをチェックする[ping all links]と、選択したリンクだけをチェックする[ping just links in selection]という項目がありますので、目的に応じてどちらかをクリックします。


01_Pinger_Firefox_Add-ons.JPG


*全てを選択した場合、ドロップダウンリスト内のジャンプ先などもチェックできます。

チェックが開始されると、チェックを終了したリンクのカラーが変化し、すべてのリンクチェックが完了したら、以下のように結果がオーバーレイ表示されるようになります。


02_Pinger_Firefox_Add-ons.JPG


結果は5つの項目に分かれており、リターンのあったリンク(問題なし)や応答の無かったリンク、タイムアウトになったリンクなどが確認できるようになっています。

見本は全てOKなので、選択したリンクがグリーンで表示されていますが、エラーのあったリンクなどは、赤などに変化するようになっています。

また、エラーがあった場合は、結果下部に以下のようなメッセージが表示され、修正が必要なリンクのタグやアンカーテキストなどが表示されるようになっています。


003_Pinger_Firefox_Add-ons.JPG


オプション設定では、実行完了時のリンクカラーや、ログオフに関するリンクなどのチェック除外、xHTMLタグのチェックの有無などが設定可能です。


04_Pinger_Firefox_Add-ons.JPG


このようなアドオンはいくつかありますが、Pingerは、動作も速く非常に軽いのが特徴となっています。

Webサイトを管理されている方には非常に便利なアドオンですね。

*注意:自サイトでこの手のツールを全てのリンクに対して実行した場合、アドセンスなどの広告もチェックされ、結果的に自己クリックしたことになってしまうことも考えられます。

Pingerの場合、アドセンスはスルー(全てかどうかはわかりませんが・・)され、Amazonはチェックされるということが確認できました。

最近ではアドセンスも自己クリックは自動認識し、申告の必要も無くなったようですが、アフィリエイトリンクなどを貼っている方は規約違反となる可能性の無いよう十分に注意してください。



ダウンロード:Pinger(Add-ons for Firefox)[experimental]


<関連記事>


■Firefoxのロケーションバーからpingを実行する方法。

■ブックマークの更新・リンク切れをまとめてチェックできるFirefoxアドオン「Bookmarks Link Checker Minus」

■ブックマークの重複・空フォルダ・リンク切れをまとめてチェックできるFirefoxアドオン「CheckPlaces」





この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。