Top Firefox拡張機能(アドオン) >選択テキストをその場で各国語に翻訳できるFirefoxアドオン「Inline Translator」(3.5対応)
2009年07月05日

選択テキストをその場で各国語に翻訳できるFirefoxアドオン「Inline Translator」(3.5対応)

Firefoxをお使いの方は、翻訳サイトに頼らなくても豊富なアドオンで簡単に言語翻訳ができるようになります。

こうした翻訳系アドオンには、かなり本格的なものから単語レベルのものまで多種多様なものが存在しており、ユーザーの好みも分かれるところですね。

今回は、そんな翻訳系アドオンの中から、「Inline Translator」というものを試してみました。

「Inline Translator」は、これらの翻訳ツールの中では比較的シンプルでありながら、単語から文章までの翻訳結果を素早く得ることができる[Google AJAX Language API]を利用したアドオンです。

インストールしたら、まずはオプション設定を開き、言語の設定を行います。


01_Inline Translator_Firefox_Add-ons.JPG


日本のユーザーの場合、言語リストの中から[Japanese]を選択してOKをクリックすれば設定完了です。

あとは、Webページ内の各種言語を行・単語単位で選択するだけで、日本語への翻訳結果をその場で参照することができるようになります。

■1行翻訳

02_Inline Translator_Firefox_Add-ons.JPG


■単語翻訳


03_Inline Translator_Firefox_Add-ons.JPG


翻訳結果は、コピーなどコンテキストメニュー操作も可能となっていますので、その内容をテキストとして再利用したり、検索キーワードとして使うこともできます。

*ページのどこかをクリックすれば翻訳結果は消えます。

*テキスト選択時に翻訳が不要な場合は、ステータスバーのアイコン 06_Inline Translator_Firefox_Add-ons.JPG をクリックすれば機能のON・OFFが可能です。

デフォルトでは、長文の翻訳ではなく、100ワードまでの文章で検索が有効となるようになっていますが、オプション設定の[max text length to translate]部分の数値を増やすことにより、長文の翻訳も可能なほか、結果の背景色、テキストカラーなども自由に組み合わせて表示をカスタマイズすることができるようになっています。


04_Inline Translator_Firefox_Add-ons.JPG


05_Inline Translator_Firefox_Add-ons.JPG


使い方がわかりにくい翻訳ツールにうんざりしている方も、このアドオンなら気軽に使えるかもしれませんね。


ダウンロード:Inline Translator(Add-ons for Firefox)


<関連記事>


■世界中のWebページを翻訳して読むことができるFirefoxアドオン「Quick TransLation (qtl)」

■WEBページもテキストも簡単翻訳「Fox Lingo」

■Firefoxでかなりスマートにテキスト翻訳ができるアドオン「Nice Translator」

■テキストを選択するだけで辞書・検索・翻訳などの結果をまとめてポップアップ表示するGreasemonkey スクリプト「Fast look up JP and EN」

■選択テキストをエキサイト翻訳で簡単に翻訳できるアドオン「East Asian Translator」

■海外サイトを使いこなせ「Search Station (検索ステーション)」





この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。