Top Greasemonkey >指定サイトで最初のテキストエリアに自動でフォーカスするGreasemonkeyスクリプト「Focus First Textbox」
2009年05月13日

指定サイトで最初のテキストエリアに自動でフォーカスするGreasemonkeyスクリプト「Focus First Textbox」

検索エンジンなどにアクセスしたとき、最初に行うのは検索キーワードを入力するためのテキストエリアにフォーカスを移すことではないでしょうか。

このように、当然何かを入力して利用を開始するようなサイトで、まず入力欄をアクティブにしなければならないというのはなんだか効率の悪い作業ですね。

ほとんどの方は、Google検索にアクセスするのは検索がしたいからであって、その他のコンテンツをクリックすることは希でしょう。

そんなとき、サイトにアクセスした時点でキーワード入力欄にフォーカスが移動していれば、アクセスした時点で入力を開始することができれば便利ですね。

「Focus First Textbox」は、このようなテキストエリアへのフォーカスを簡単に実現することができるGreasemonkeyスクリプトです。


「Focus First Textbox」をインストールしたら、まずはこの機能を適用するサイトを登録しましょう。

ステータスバーのGreasemonkeyアイコンを右クリック→ユーザースクリプトの管理を開き、「Focus First Textbox」をクリックして右側に表示される[ユーザースクリプトを実行するページ]の追加ボタンをクリックし、アクセスしたら最初のテキストエリアに自動でフォーカスしたいサイトのURLを入力します。


02_Focus First Textbox_greasemonkey.JPG


いくつかのサイトを登録したらOKボタンで閉じます。

これで、以下のように登録サイトへアクセスした際、最初のテキストエリアが自動的にフォーカスされるようになります。

■適用前


01_Focus First Textbox_greasemonkey.JPG


■適用後


03_Focus First Textbox_greasemonkey.JPG


Google検索などの検索サイトはもちろん、普段使っているBBSやフォーラム、ブログ記事入力ページなどを登録しておけば、表示と同時に入力を開始できるようになります。

かなり地味な機能ですが、フォーカスするというアクションを省略できることでスマートなサイト利用ができるようになることでしょう。

*IMEの状態でテキストエリアの背景色が変化するようなアドオンを併用すればさらにわかりやすいと思います。


ダウンロード:Focus First Textbox(userscripts.org)


<関連記事>


■IMEがONなら入力部を赤く表示してくれるアドオン「IME Area」

■IMEの状態によってテキストボックスの背景色を変更してくれるFirefoxアドオン「IME and DiMENSiON」

■選択しているフォームの記入部をハイライトして目立たせることができるFirefoxアドオン「Highlight Focus」

■検索バーのボタンをセンタークリックするだけで検索エンジンをリセットできるFirefoxアドオン「ResetSearchbar」


posted by moziller at 13:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Greasemonkey



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。