Top Greasemonkey >Google リーダーに「プレビュー」ボタンを追加できるGreasemonkeyスクリプト「Google Reader Preview Enhanced」
2009年05月01日

Google リーダーに「プレビュー」ボタンを追加できるGreasemonkeyスクリプト「Google Reader Preview Enhanced」

RSSフィードは、フィード提供者の設定により、フィードリーダーで表示した際にタイトルだけしか表示されなかったり、文頭だけしか表示されないこともよくあります。

こうした記事で、続きを読む場合はタイトルをクリックしてそのページにジャンプするのが普通ですが、ジャンプして[はずれ]ということも少なくありませんし、その間、フォーカスが移動してしまうということにもなります。

もし、FirefoxにGreasemonkeyをインストールしていて、Google リーダーでフィードを購読されているのなら、「Google Reader Preview Enhanced」というスクリプトをインストールしておくことにより、そんな場面でもGoogle Readrerを離れずにフィードの内容を全文確認することができるようになります。

「Google Reader Preview Enhanced」は、Google リーダーでフィード記事を読む際、ニュースサイトなどにありがちなタイトルだけの表示や、冒頭1行だけの表示に遭遇した際、ボタン一つでフィードの全文をインライン表示することができるというスクリプトです。

インストール後、Google リーダーにアクセスしたら、各記事タイトルをクリックしてみましょう。


01_Google Reader Preview Enhanced_greasemonkey.JPG


全文表示、リスト表示にかかわらず、下部のメニューに[Preview]ボタンが追加されているはずです。


02_Google Reader Preview Enhanced_greasemonkey.JPG


タイトルだけの記事や、省略した記事だけが表示されている場合、このボタンをクリックすることにより、ページ全体をインラインで参照することができるようになります。


03_Google Reader Preview Enhanced_greasemonkey.JPG


インラインの内側では、その他のリンクをクリックして移動したり、進む・戻るなどの操作も可能となり、Google リーダーの内部でブラウザを使うような感じで操作することが可能となります。

再度[Preview]ボタンをクリックすれば、元の表示に戻ります。

ニュースサイトなどは、ほとんどの場合1行程度の概要しか表示されませんが、そんなときでも、フォーカスを動かすことなく閲覧できるので便利です。

インライン表示した上で、きちんと読みたい記事やブックマークしたい記事を選別し、新規タブで開くなどすれば購読効率がアップしそうですね。


ダウンロード:Google Reader Preview Enhanced(userscripts.org)


<関連記事>


■Googleリーダーの先読み量をアップするGreasemonkeyスクリプト「Google Reader Prefetch More」

■Google Readerを別アプリのようにオーバーレイ表示できるFirefoxアドオン「Google Reader Popup」

■Google Readerと連動してマガジンスタイルなスタートページを利用できるFirefoxアドオン「feedly」

■Google リーダーをシンプル&クールに表示できるGreasemonkeyスクリプト「Helvetireader」

■Google リーダーでスコアの高い人気記事だけを抽出して読むことができるFirefoxアドオン「AideRSS」

■Google Readerにフィード検索窓を追加するGreasemonkeyスクリプト「Google Reader Search」


posted by moziller at 13:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Greasemonkey



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。