Top 雑記帳 >IE8の機能をFirefoxで実現するためのアドオン23個。
2009年03月20日

IE8の機能をFirefoxで実現するためのアドオン23個。

IE8がリリースされ約1日経ちましたがもうお試しになったでしょうか?

リリースノートを読んだり、しばらく使っていると気がつくと思いますが、IE8に搭載された各種新機能などは、Firefoxをはじめ、その他のブラウザにも装備されているものが多く、よく考えると目新しくもないような気もしてきます。

特にFirefoxの場合、アドオンを入れれば何でもありみたいなところがありますので、新機能に惹かれて乗り換えるというような気も起きないことでしょう。

そこで今回は、IE8の新機能をFirefoxで実現するための各種アドオンをいくつか並べてみたいと思います。

それぞれの詳細などは、記事下の<関連記事>を参考にしていただければと思います。

■検索候補の表示


Searchery

Peers

Inquisitor


■アクセラレータ


Firefox Activities

IE8のアクセラレータ機能そのものです。

popIn

おすすめ。

SearchIt

Fast look up JP and EN(Greasemonkey スクリプト)

headup

Juice


■Webスライス


WebChunks

対応サイトなどをはじめ、IE8互換と言ってもいいでしょう。

Fireclip(Firefox Add-ons)

Check4Change


■開発者ツール


Web Developer

Codetch


■タブのグループ化


Tab Groups

Tab Kit

TooManyTabs


■InPrivate

Private Browsing

hideBad

Stealther


■新しいタブ


New Tab JumpStart

Google ツールバー5(Beta)


■ドメインの強調表示


Locationbar

ハイライトカラーが違う程度で機能はほぼ同じです。


とりあえず思いついたのが上記のようなアドオンです。

Firefoxアドオンの場合、類似機能を持ったアドオンが多く、選択に迷うほどですが、IE8でできることはほとんどできてしまいます。

IE8の機能で、これはいいなと思ったものがあったFirefoxユーザーは、インストールして同等の機能を手に入れてみてください。


<関連記事>


■検索バーをロケーションバーに統合してあらゆる検索結果を得ることができるFirefoxアドオン「Searchery」

■Firefoxのサーチバーにリアルタイム検索プレビューなどを表示できるアドオン「Peers」

■キーワードの補完、結果のポップアップ表示などができる高機能検索ツール「Inquisitor」のFirefox版がリリースされました。

■IE8のActivities機能をFirefoxに追加できるアドオン「Firefox Activities」

■ページを移動することなくWeb・地図・Wikiなどからの検索結果をポップアップ表示できるFirefoxアドオン「popIn」

■Firefoxに登録している全ての検索エンジンをコンテキストメニューに追加するアドオン「SearchIt」

■テキストを選択するだけで辞書・検索・翻訳などの結果をまとめてポップアップ表示するGreasemonkey スクリプト「Fast look up JP and EN」

■検索せずにあらゆるメディアから情報をピックアップするFrefoxアドオン「headup」

■キーワードを選択・入力するだけで様々な関連情報をリストアップしてくれるFirefoxアドオン「Juice」

■IE8のWebスライス機能をFirefoxにも欲しい方へおすすめのアドオン「WebChunks」

■切り取ったページコンテンツの更新をチェックできるFirefox用クリップアドオン「Fireclip」

■選択テキストの更新を一定間隔でチェックすることができるFirefoxアドオン「Check4Change」

■Web制作者のための便利なFirefoxアドオン「Web Developer」

■Firefoxに"Dreamweaver"ライクなHTMLエディタをビルトインするアドオン「Codetch」

■タブをグループ分けできるアドオン「Tab Groups」

■Firefoxのタブを効率的にカスタマイズできるアドオン「Tab Kit」

■Firefoxに最大6段の切り替え式タブバーを追加できるアドオン「TooManyTabs」

■Firefox3.1のプライベートブラウジングを3.0.×でも実現するアドオン「Private Browsing」

■開いているタブやFirefoxのあらゆる情報を瞬時に消すことができるアドオン「hideBad」

■Firefoxの履歴やキャッシュを一時停止「Stealther」

■Google Chromeのように、新規タブによく利用するサイト一覧を表示できるFirefoxアドオン「New Tab JumpStart」

■Firefoxで[Google Chrome]ライクな新規ページを開くことができるようになったGoogle ツールバー5(Beta)

■ロケーションバーのドメイン名を強調表示「Locationbar」



posted by moziller at 20:12 | Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記帳



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
こんにちは

IE7がリリースされた時には、確か「さらに使いやすく…」とかなんとか言ってましたが、今回は
「かつてない驚異の機能搭載」だそうで…IEにしてみれば確かに驚異でしょうが(笑)。

試してみようか…という気にもならないけど、いざというときないと困るので業腹ながらインストールしました。



Posted by gazenboh at 2009年03月21日 07:33
私の場合、Firefox立ち上げた時点で(ホームページが表示された時点)、タスクマネージャーで見るとメモリーを120Mほど使用しているようですが、こんなもんでしょうか。

これはやはりアドオンが大きく影響するのでしょうか。組み込んでるのは15種くらいなのですが。
Posted by ペルース at 2009年03月21日 19:44
gazenboh さま。

こんばんは、管理者です。

おっしゃるように、確かにIEしか使ったことの無い方にとっては斬新なのでしょうが、いろんなブラウザからおいしいとこ取りして無理にニュアンスを変えて搭載したような感も否めませんね。

Posted by moziller at 2009年03月22日 23:11
ペルース さま。

こんばんは、mozillerです。

120はちょっと大きめですね。

当方の環境では、サクサク動いているときなら起動時70-80といったところです。(アドオンは常時20-25種ほど)

少しずつアドオンを無効にして再起動しながら確認していけばネックになっているアドオンが見つかるかもしれません。

原因となるアドオンが、見つかれば同機能を持ったアドオンに乗り換えるなどすれば多少はましになるかと思いますのでお試しください。

Posted by moziller at 2009年03月22日 23:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。