Top Thunderbird拡張機能(アドオン) >送信済みメッセージを任意のフォルダにコピー(保存)できるThunderbirdアドオン「Copy Sent to Current」
2009年01月28日

送信済みメッセージを任意のフォルダにコピー(保存)できるThunderbirdアドオン「Copy Sent to Current」

Thunderbirdでメッセージを送信・返信した場合、そのメッセージのコピーはデフォルトの場合「送信済みトレイ」に格納されるようになっています。

しかし、相手によってメッセージをフォルダ分けされているような場合、送信・返信メッセージもそれぞれのフォルダに置いておきたいという場合もあるでしょう。

Thunderbirdでは、このような送信メッセージを保存する場所として、「送信済みトレイ」、もしくは指定フォルダを選択することができますが、これはアカウントごとの設定になり、上記のように相手によってというわけにはいきません。

それを可能にしてくれるアドオンが「Copy Sent to Current」です。

「Copy Sent to Current」は、Thunderbirdでメッセージ送信時、そのコピーをどこに保存するかを毎回選択してしていすることができるアドオンです。

インストール後、まずはアカウント設定から設定したいアカウントを選び、[コピーと特別なフォルダ]をクリックします。

デフォルトのコピーと特別なフォルダは以下のようなものですが・・


02_Copy Sent to Current_Firefox_Add-ons.JPG


「Copy Sent to Current」インストール後は、以下のように変化します。


03_Copy Sent to Current_Firefox_Add-ons.JPG


ご覧のように、[送信時に選択する]という選択肢が追加されているのが確認できます。

ここで、デフォルトにしたいものにチェックを入れ、同時に送信済みトレイへもコピーを残しておきたい場合は、[送信済みトレイに追加コピー]にもチェックを入れておきます。

上記のように設定したアカウントで新規メッセージ作成、または返信を行うと、以下のように作成画面の上部にドロップダウンリストが追加され、ここからそのメッセージのコピー先を選択することができるようになります。


05_Copy Sent to Current_Firefox_Add-ons.JPG


コピー先はそのアカウントだけではなく、その他のアカウントの各フォルダも指定可能となっています。

たとえば、上記見本の設定で、送信時にフォルダを選択すれば、そのフォルダと、送信済みトレイの2カ所に同じ送信メッセージが保管されるようになります。

また、オプション設定では、ショートカットキーの指定や、保管先の選択を送信前、または後にするなどの設定が可能です。


01_Copy Sent to Current_Firefox_Add-ons.JPG


送信後にフォルダを選択するようにすると、[送信]ボタンをクリックしたあとに、以下のような選択ダイアログが開き、ここから保管先を選択することができるようになります。


04_Copy Sent to Current_Firefox_Add-ons.JPG


上記のように、メッセージのやりとりを送受信共に特定のフォルダで行いたいという方にとっては、毎回送信済みトレイから移動させるような手間もなくなるという利点がある便利なアドオンです。


ダウンロード:Copy Sent to Current(Thunderbird Add-ons)


<関連記事>


■狙ったフォルダにメッセージを一発移動「TB QuickMove」

■送信アドレスによって新規作成画面にカラー枠を表示するThunderbirdアドオン「BorderColors」

■定型文を登録してツールバーからワンクリックで本文に挿入できるThunderbird用アドオン「Quicktext」

■添付ファイル付きメッセージ作成時に添付忘れを警告してくれるThunderbirdアドオン「withAttach」

■メール送信前に宛先を確認してくれるアドオン「Confirm-Address」

■メール送信時に添付ファイルをワンタッチで圧縮してくれる拡張機能「Auto Zip Attachments for Thunderbird」







この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
はじめまして。
どーん、と申します。
とても有意義なブログ感謝です!

ThunderbirdでIMAPメールを使っているのですが、
デフォルトアカウントの送信済みトレイにたまってゆく送信メールを
送信履歴・バックアップも兼ねて他のアカウントの送信済みトレイへ
自動でコピーしてほしいと思っているのですが、
この記事でご紹介されているCopy Sent to Currentだと、
つどコピー先を選択しなければなりません。
これを、事前に設定しておくことはできないのでしょうか。
Posted by どーん at 2012年07月04日 11:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。