Top Firefox拡張機能(アドオン) >ページに記載されているレジストリ名を選択するだけで該当部分をレジストリエディタで開くことができるFirefoxアドオン「Open In RegEdit」(Win)
2009年01月19日

ページに記載されているレジストリ名を選択するだけで該当部分をレジストリエディタで開くことができるFirefoxアドオン「Open In RegEdit」(Win)

Windowsユーザーが何か細かな設定をしたい場合や、チューニングを行いたい場合に、[レジストリ]を弄るという方法があります。

こうしたレジストリ系に関する各種Tip'sは、ネット上に紹介されていることが多いですが、いざ設定するとなると、レジストリエディタを開いてそこに書かれてあるレジストリキーを探しだすか、キーをコピペして検索部分に貼り付けるなどの作業が必要です。


レジストリは、モノによってはかなり長ったらしいものもあり、それをディレクトリから順に追いかけたりするのは面倒ですね。

こんなときに役立つFirefoxアドオンが、「Open In RegEdit」です。

「Open In RegEdit」は、Firefoxで閲覧中のページにレジストリの編集方法などが紹介されていた場合、そのレジストリキーの記載を選択することによって、該当部分をレジストリエディタで開くことができるというツールです。

インストール後、以下のようにレジストリキーが記載されたテキストを選択し、右クリックすると、[Open In RegEdit]という項目が表示されます。


001_Open In RegEdit_Firefox_Add-ons.JPG


[Open In RegEdit]を実行すれば、該当ディレクトリが選択された状態で、Windowsのレジストリエディタが起動します。


03_Open In RegEdit_Firefox_Add-ons.JPG


*ページ内の記述や書式が間違っている場合は、以下のようなダイアログが表示され、正式な記述を促します。


02_Open In RegEdit_Firefox_Add-ons.JPG


これがあれば、Webサイトを参考にして、[regedit]でエディタを開いて、目的のディレクトリを階層分開いて探す・・という長い作業から解放されるかもしれませんね。

*レジストリの編集は、Windowsが起動しなくなるなど予期せぬトラブルが発生する場合があります。本アドオンの利用の有無にかかわらず、十分注意して作業してください。


ダウンロード:Open In RegEdit(Firefox Add-ons)


<関連記事>


■Firefoxの設定ファイル編集をタブ内で行えるアドオン「ChromEdit Plus」

■Firefoxの各種設定画面をタブで開く方法。

■Firefoxの様々な設定ファイルにアクセスできる「Edit Config Files」

■Firefoxで[ページのソース]を任意のエディタで開くようにする方法。




★月々263円からオンラインショップを運営!

高機能カート・クレジット決済が簡単導入







この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック