Top Firefox拡張機能(アドオン) >世界中のWebページを翻訳して読むことができるFirefoxアドオン「Quick TransLation (qtl)」
2008年12月24日

世界中のWebページを翻訳して読むことができるFirefoxアドオン「Quick TransLation (qtl)」

Webで情報を収集するのに避けて通れないのは、英文などで書かれた海外のサイトですね。

しかし、英語がわからない方にとっては、つい適当に読み飛ばしたり、避けてしまったりしがちですが、Firefoxには、そういう場面でもある程度対処できるような翻訳ツールが数多くあります。


今回はその中から、翻訳ツールの決定版と言ってもいいアドオン「Quick TransLation (qtl)」をご紹介します。

「Quick TransLation」は、Webページ上の各国語のテキストをマウスで選択すれば、その翻訳文をあなたの指定した言語でポップアップ表示できるというシンプルなアドオンです。

「Quick TransLation」は、他の翻訳系ツールと違って、言語の自動判別や、単語、文章の切り替えに加え、ページ丸ごと翻訳やwiki、YouTubeなどでの検索までも備えており、選択部分について、様々な情報を得ることができるのが特徴です。

インストールすると、ステータスバーに専用のボタン 00_qtl_Firefox_Add-ons.JPG が現れます。

このボタンは、左から「機能のON・OFF」「翻訳対象言語」「ページ丸ごと翻訳を行う」となっています。

上記画像の例では、現在機能が有効で、選択したテキストを日本語に翻訳するというようになっています。

この状態で、Webページ内の外国語を選択すると、以下のようにボタンが並んだ小さなポップアップが表示されます。


08_qtl_Firefox_Add-ons.JPG


この各ボタンは、左から選択部分を「クリップボードにコピー」「メールで送信」「URLを開く」「選択部分を合成音声で読み上げ」などとなっており、その他にも設定した検索エンジンで検索を行うこともできるようになっています。

これらの機能を利用せず、単に翻訳文を参照したい場合は、ボタン下部の[hover your mouse]にマウスを乗せます。

そうすると、タブ分けされたポップアップが以下のように大きく開きます。

この中には、単語を表示する[Babylon]、Google翻訳による文章翻訳を行う[Google]、選択単語をWiki検索する[Wikipedia]などが並んでおり、タブを切り替えることによって、一つの選択テキストから複数の結果を得ることが出来るようになっています。

■Babylon単語検索結果例


03_qtl_Firefox_Add-ons.JPG


■Wiki検索結果例


04_qtl_Firefox_Add-ons.JPG


■YouTube動画検索例


05_qtl_Firefox_Add-ons.JPG


翻訳する(選択した)言語は、どんな言語でも自動的に判断して日本語にしてくれますので、何語がを意識することなく利用することもできる上、選択テキストが日本語だった場合は、それを英語に翻訳することも可能です。

■日本語→英語


07_qtl_Firefox_Add-ons.JPG


アドオンのオプション設定では、上記ポップアップに表示するタブの選択や、ロケーションバーへ結果を表示する機能を有効にしたりできます。


01_qtl_Firefox_Add-ons.JPG


■選択テキストの翻訳結果をロケーションバーへ表示した場合。


06_qtl_Firefox_Add-ons.JPG


もっと詳細なオプション設定は、Webにて実行します。

専用の設定画面にアクセスすると、以下のような画面が開きます。


02_qtl_Firefox_Add-ons.JPG


ここでは、上から[翻訳対象言語の選択][使用検索エンジンの選択]に加え、その他のマルチメディア、ソーシャルサイトの検索エンジンなどを選択して、ポップアップのボタンに加えることができます。

*上記見本のポップアップボタンには、[flickr]検索が加えられています。

この画面から、使いたい言語や検索エンジンを選択し、最下部の[save configuration]ボタンをクリックすれば、設定が保存されます。

言語を追加した場合は、ステータスバーボタンの日の丸部分をクリックして、翻訳したい言語を切り替えることができるようになります。


09_qtl_Firefox_Add-ons.JPG


たとえば、ステータスバーで言語を「French」に切り替えておけば、選択テキストが何語であろうと、翻訳結果はフランス語で表示されるようになります。

以上のように、対象言語を意識することなく、あらゆるWebページ、選択テキストを翻訳することができる上、選択テキストをいつものように検索することなどもできるというマルチなアドオンです。

Firefoxで使える翻訳ツールは数多くありますが、いまのところこれ以上の使い勝手を提供してくれるものはありません。

このアドオンをインストールしておけば、きっとあなたのWeb情報収集の幅も広がることでしょう。

また、上記のようにいろんな検索エンジンなどは必要ないという方は、翻訳だけに的を絞った同作者のライトバージョン、「qtl lite」というものもありますので、お好みでご利用ください。

ダウンロード:Quick TransLation (qtl) (Firefox Add-ons)

ダウンロード:qtl lite(Firefox Add-ons)[sandbox]

*さらに、ロケーションバーに結果を表示するだけの「qtl ultra lite」というものもあります。


<関連記事>


■海外サイトを使いこなせ「Search Station (検索ステーション)」

■テキストを選択するだけで辞書・検索・翻訳などの結果をまとめてポップアップ表示するGreasemonkey スクリプト「Fast look up JP and EN」

■ページ上の英単語を発音させることができるFirefoxアドオン「Pronounce」(3.0対応)

■ページを移動することなくWeb・地図・Wikiなどからの検索結果をポップアップ表示できるFirefoxアドオン「popIn」


<Ads>

インターネットFX取引手数料無料ならマネーパートナーズ

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム

トレイダーズ証券の外国為替取引

リンクシェアなら
1円から報酬ゲット





この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。