Top Firefox拡張機能(アドオン) >ページのヘッダ要素をすぐに確認することができるFirefoxアドオン「Professor X」
2008年10月25日

ページのヘッダ要素をすぐに確認することができるFirefoxアドオン「Professor X」

Firefoxには、表示ページのソースを表示したり、編集したりすることができるアドオンがいくつもあります。

その中から今回は、ヘッダ情報を簡単に参照することができるアドオン「Professor X」を試してみました。


「Professor X」は、目的のページのヘッダ要素を、現在のページ上にオーバーレイ表示することができるというFirefoxアドオンです。

インストールした後、目的のページ上で右クリックし、[Professor X]を実行してみましょう。


00_Professor X_Firefox_Add-ons.JPG


以下のように、本来のページの上部にヘッダ要素がリスト表示され、メタ情報の確認や、CSS、RSSなどのリンクを簡単に確認することができるようになります。


01_Professor X_Firefox_Add-ons.JPG


下部には元のページが表示されたままになっていますので、元ページを参照しながら情報も同時に確認できるというわけです。

再度右クリックメニューから[Professor X]をクリックすれば情報が非表示になります。

[Professor X]は、ページ内のソースをオーバーレイ表示するアドオン「X-Ray」と同作者のアドオンで、X-Rayの補助ツールとして利用することにより、ヘッダ要素とその他各部のHTML要素を同時に参照することができるようになります。

両者を併用することにより、より一層目的のサイトが透けて見えるようになりますね。


ダウンロード:Professor X(Firefox Add-ons)


<関連記事>


■表示→”ページのソース”を開かなくてもアクティブページのHTMLタグを確認できるFirefoxアドオン「X-Ray」

■Firefoxで[ページのソース]を任意のエディタで開くようにする方法。

■webページ上で選択部分のHTMLソースをその場で編集することができるFirefoxアドオン「SourceEditor」

■表示ページを自由自在に編集してソースを取得できるFirefoxアドオン「Edit Page」


HTML/XHTML&スタイルシートレッスンブック―ステップバイステップ形式でマスターできる
エビスコム
ソシム
売り上げランキング: 2771
おすすめ度の平均: 5.0
5 0から学ぶにはこれしかない
5 パーフェクト!
5 とても分かりやすいです!
5 ようやく良書に出会えた!
5 わかりやすい!






この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。