Top Firefox >[TraceMonkey]搭載「Firefox 3.1b1」日本語版が正式公開されたので使ってみました。
2008年10月15日

[TraceMonkey]搭載「Firefox 3.1b1」日本語版が正式公開されたので使ってみました。

Firefox 3.1b1の日本語を含む各国語版がいつのまにか正式公開されていました。

早速インストールして、噂の新JavaScriptエンジン「TraceMonkey」の速さや、その他3.0からの進化状況をチェックしてみました。


02_Firefox_3.1_b1.JPG


Firefox 3.1b1(日本語版)は、こちらから各OS・言語版がダウンロード可能です。

インストールなどは今までと同様、非常に簡単に実行できますが、例のごとく、テストバージョンのため、カスタムインストールにて別ディレクトリへのインストールを行うなどの安全策が必要です。


01_Firefox_3.1_b1.JPG


今回のオープニングはロボットではなく母艦?


020_Firefox 3.1 b1.JPG


インストールが完了したら、とりあえずアドオンチェックのため既存のアドオンが入ったテストプロファイルにて起動してみました。

途方の環境で利用し散る20個以上のアドオンのうち、更新チェックを経て正常動作したのは以下の4つのみでした。

Adblock Plus 0.7.5.5
LastPass 1.31
LCD Clock 0.4.2
Tab Mix Plus 0.3.7.2

先日アップデートされたTab Mix Plusが動くので、常用とはいかないまでもなんとか慣れたアクションでブラウジングできそうです。

ある程度使いたい場合は、また「Nightly Tester Tools」のお世話になるしかないようです。

初期起動画面が以下のようなもので、3.0系とさして変わりはありません。

ブックマークアイコンや、ツールバーボタンに若干の色やデザイン変更がある程度です。


06_Firefox_3.1_b1.JPG


05_Firefox_3.1_b1.JPG


03_Firefox_3.1_b1.JPG


3.1で大きな変化をもたらすと思われるプライバシーモードや位置情報サポートなどの新機能は、本バージョンには採用されておらず、数週間後にリリース予定のb2以降で搭載ということになりそうです。

今回のベータで、体感できる部分といえば、アルファ版では見送られた新JavaScriptエンジン「TraceMonkey」搭載によるJavaScript処理の高速化でしょう。

すでに海外ではあれこれテストされているようで、ベンチマークによっても差異はありますが、SunSpider JavaScript Benchmarkで3.0と比較したところ、全ての項目で3.1が大きく上回っており倍以上の数値をたたき出しています。効果はGmailなどの動作にも現れており、非常に軽快に操作することができました。

ちなみに、この「TraceMonkey」はデフォルトでは有効になっていません、有効にする場合は、以下の手順で設定してください。

1.about:configを開く
2.フィルタ欄に[jit]と入力する
3.[設定名]欄に表示される以下の2項目をそれぞれダブルクリックして[値]を[true]に変更します。

javascript.options.jit.chrome
javascript.options.jit.content



007_Firefox 3.1b1.JPG


4.Firefoxを再起動します。

これでWebアプリなどが快速仕様になります。

以下は、[SunSpider JavaScript Benchmark]で3.0.3と3.1b1を比較したたところですが、[TraceMonkey]が有効で無い場合は、ごらんのように、速度比較で3.1b1のほうが1.19倍ほど早いだけです。

                   <3.1b1>       <3.0.3>

** TOTAL **: *1.19x as slow* 4331.8ms +/- 5.0% 5141.6ms +/- 6.5%


しかし、上記設定で[TraceMonkey]を有効にすると、以下のように劇的に速くなることが確認できます。

                   <3.1b1>       <3.0.3>

** TOTAL **: *2.10x as slow* 2374.2ms +/- 12.3% 4986.8ms +/- 2.8%


トータルでは2.1倍をマークしましたが、部分的には6-8倍に高速化されている部分もあり、かなりの実力を発揮していることがわかります。

目に見える部分では、Ctrl+Tabによる視覚的タブ切り替えぐらいのものですが、今後b2、正式版と進んでいく内に,3.0系とは全く違うブラウジングを体感させてくれることでしょう。


04_Firefox_3.1_b1.JPG


<その他の改良点>

■ブックマークの管理から複数ブックマークへの一括タグ付けが可能に。

■HTML 5規格のサポート

■新しいタブを開くボタンを実装

■Geolocation(位置情報)サポート


ちなみに、今後ベータ版を含む3.1への実装予定の機能は以下のようなものです。

■プライバシーモードの実装

■タブをデスクトップにドラッグすれば新しいウィンドウで開く

■危険度の高いプラグインの実行を防止

■ツールバーボタンの改良、追加など

■ロケーションバーでの検索を高速化

■CPU使用率とディスクアクセスの削減

とりあえず、いち早く3.1を体感してみたいという方は、インストールディレクトリやプロファイルに気をつけて自己責任にてご利用ください。


ダウンロード:Firefox 3.1b1

リリースノート(英語)


<関連記事>


■Ctrl + Tab搭載の「Firefox 3.1(Shiretoko)alpha 1」公開。

■Firefox 3 ベータ版などに対応していないアドオンをバージョンチェックせずにインストールできるアドオン「Nightly Tester Tools」


<Ads>

インターネットFX取引手数料無料ならマネーパートナーズ

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム

トレイダーズ証券の外国為替取引



posted by moziller at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Firefox



この記事をはてなブックマークに登録 follow us in feedly このエントリを del.icio.us に登録 この記事をクリップ!Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。